横浜開港祭

横浜開港祭

毎年6月2日を中心に横浜市で行なわれるのが『横浜開港祭』。横浜港の開港は安政6年6月2日(1859年7月1日)。”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~市民が創る・世界に誇れる港の誕生祭~をコンセプトに、臨港パークを主会場にして、様々なイベントが行なわれます。

臨港パークを主会場に多彩なイベントが行なわれます

明治5年に旧暦(陰暦)から新暦(陽暦)への切替えが行なわれましたが、横浜では明治41年までそのまま6月2日が開港記念日とされていました。
これが明治42年になると新暦に従って7月1日に改められましたが、昭和3年になって再び6月2日に戻されています。

その前年の6月2日、開港100周年を記念して新築された開港記念横浜会館(現在の横浜市開港記念会館)で大横浜建設記念式が行なわれ、昭和3年からは開港記念日もその日に合わせるようになったのです。
以来、6月2日を中心に横浜で賑やかに繰り広げられる一大イベントが『横浜開港祭』。
5月から横浜開港月間として様々なイベントが繰り広げられます。

臨港パークを主会場に、みなとみらい21・山下地区・新港地区でステージイベントや、官公庁音楽隊LIVEステージ、官公庁艇パレード、水陸両用バス乗船会、チビッ子ミニ駅伝など多彩な行事が用意されています。

横浜開港祭 DATA

横浜開港祭
開催日 6月2日前後
関連HP 横浜開港祭オフィシャルサイト
所在地 神奈川県横浜市西区
場所 臨港パークとみなとみらい21地区
電車・バスで 地下鉄みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩7分。JR桜木町駅から徒歩20分
ドライブで 首都高速みなとみらいICから約1.5km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 横浜開港祭実行委員会事務局 TEL:045-212-5511/FAX:045-212-5510
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ