古代蓮の里『蓮の開花』|行田市|2019

古代蓮の里

2019年6月15日(土)~8月4日(日)、埼玉県行田市の古代蓮の里で『蓮の開花』。7月7日(日)は『第22回行田蓮まつり』で、蓮茶の試飲会や、蓮餅の餅つき大会、地元野菜の即売、新行田音頭の演舞などを実施。期間中、JR高崎線行田駅からシャトルバスを運行(除外日もあるので注意が必要)。

蓮の花の最適な観賞時間は、朝7:00~9:00頃

古代蓮の里
三脚の使用は禁止されているので、カメラは手持ちで撮影

「古代蓮の里」に植栽される古代ハスは、原始的な形態を持つ 1400年~3000年前のハス。
昭和46年、古代蓮の里にほど近い公共施設建設工事の際に、偶然出土した種子が掘削によってできた池で自然発芽し、昭和48年5月15日、消却場の職員が池に浮かぶハスの葉を発見したもの。

2000年ほど前、行田一帯は湿地帯で水生植物が生い茂っていました。
埼玉大学の江森貫一元教授、蓮の研究家である神奈川県歯科大学の豊田清修教授が古代蓮であることを認定。

「古代蓮の里」には行田市の天然記念物に指定されている行田蓮(古代蓮)が10万株植栽されており、6月中旬〜8月中旬まで42種類の花蓮の花見が楽しめます。

併設の「古代蓮会館」(:00~16:30)は「古代蓮の里」のビジターセンター兼資料館。
展示室ではハスの特性を学べるほか、蓮の一生を大画面シアターで放映しています。

古代蓮の里
古代蓮の里『蓮の開花』|行田市|2019
開催日時 2019年6月15日(土)~8月4日(日)
所在地 埼玉県行田市小針2375-1
場所 古代蓮の里
関連HP 古代蓮の里公式ホームページ
電車・バスで JR行田駅・秩父鉄道行田市駅から行田市市内循環バスを利用(蓮の開花期間は、JR行田駅からシャトルバスも運行)
ドライブで 東北自動車道羽生ICから約12km
駐車場 南側駐車場(356台)・北側駐車場(142台)
問い合わせ TEL:048-559-0770/FAX:048-559-0784
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ