世界三大珍獣・オカピ 見学できる動物園は3園

シマウマのように見えて、実はキリンの仲間というオカピ。ジャイアントパンダ、コビトカバとともに絶滅危惧種で、世界三大珍獣に数えられています。日本国内で飼育されるのは、上野動物園と横浜市内にあるよこはま動物園ズーラシア、横浜市立金沢動物園の3園です。

上野動物園

所在地:東京都台東区上野公園9-83
飼育場所西園のキリン・カバエリアで飼育(隣接して世界三珍獣・コビトカバも)
備考:令和2年にオカピの「バカーリ」(オス)をよこはま動物園ズーラシアへ移し、金沢動物園から「トト」(オス)を受け入れる三角トレードを実施
これはよりペアづくりを進め、繁殖を促す取組みの一環

上野動物園

上野動物園

日本初の動物園として、明治15年に開園した国内最大規模の動物園が上野動物園(恩賜上野動物園)。丘陵地に位置し巨樹の茂る東園と不忍池北側の西園に分かれた園内に、約350種2500点の動物が飼育されています。人気のジャイアントパンダ舎は東園にあ

よこはま動物園ズーラシア

所在地:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
飼育場所:アフリカ大陸中央部を流れるコンゴ川流域を再現した「アフリカの熱帯雨林」エリアで飼育
備考:平成11年によこはま動物園ズーラシアが日本で初めてオカピを公開

よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア

神奈川県横浜市旭区、「生命の共生・自然との調和」をメインテーマにする動物園が、よこはま動物園ズーラシア。名前は動物園(ZOO)と広大な自然をイメージしたユーラシア(EURASIA)の合成語。生息環境展示や世界の気候帯・地域別に分けられている

横浜市立金沢動物園

所在地:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15
飼育場所:「アフリカ区」で飼育されています
備考よこはま動物園ズーラシアと連携して繁殖に尽力

横浜市立金沢動物園

横浜市立金沢動物園

神奈川県横浜市の南部、金沢自然公園内にある世界の希少草食動物を中心に飼育する動物園が、横浜市立金沢動物園。大型の草食動物を中心に、ユーラシア区、アフリカ区、オセアニア区、アメリカ区など、世界4大陸に生息する動物を展示しています。世界の希少草

世界三大珍獣・オカピ 見学できる動物園は3園
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ジャイアントパンダ

世界三大珍獣・ジャイアントパンダ 見学できる動物園は3園

中国語で大熊猫と記すジャイアントパンダ 。オカピ、コビトカバとともに世界三大珍獣にも数えられますが、国内で飼育されているのは、上野動物園、神戸市立王子動物園、そして最大の飼育・繁殖頭数を誇る和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドの3ヶ所です

コビトカバ

世界三大珍獣・コビトカバ 見学できる動物園は5園

世界三大珍獣に数えられるのは、ジャイアントパンダ、オカピ、そしてコビトカバ。コビトカバは、ミニカバとも呼ばれ、小人河馬と記されるように小型のカバ。飼育・繁殖されるのは、日本国内では上野動物園、東山動植物園、いしかわ動物園、ニフレル、神戸どう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ