世界三大珍獣・ジャイアントパンダ 見学できる動物園は3園

ジャイアントパンダ

中国語で大熊猫と記すジャイアントパンダ 。オカピ、コビトカバとともに世界三大珍獣にも数えられますが、国内で飼育されているのは、上野動物園、神戸市立王子動物園、そして最大の飼育・繁殖頭数を誇る和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドの3ヶ所です。

上野動物園|東京都台東区

所在地:東京都台東区上野公園9-83
飼育場所:パンダ舎
見学内容:パンダの部屋(室内)と屋外放飼場を見学、ジャイアントパンダサポート基金で購入した木製の台を屋外放飼場に設置
歴史:昭和47年10月28日に来園したカンカン(康康)、ランラン(蘭蘭)が始まりで、日本のパンダブームは上野に始まっています

上野動物園

上野動物園

日本初の動物園として、明治15年に開園した国内最大規模の動物園が上野動物園(恩賜上野動物園)。丘陵地に位置し巨樹の茂る東園と不忍池北側の西園に分かれた園内に、約350種2500点の動物が飼育されています。人気のジャイアントパンダ舎は東園にあ

アドベンチャーワールド|和歌山県白浜町

所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
飼育場所:ジャイアントパンダをはじめとする希少動物の繁殖・育成を目的とした希少動物繁殖センター「PANDA LOVE」、野生動物の繁殖、種の保存の研究を担う「ブリーディングセンター」を設置
見学内容:開園時間中、「PANDA LOVE」、「ブリーディングセンター」を自由に見学が可能
歴史:昭和63年9月19日来園のシンシン(辰辰)、ケイケイ(慶慶)が始まり
中国成都市の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地日本支部として活動
出産頭数、成長した子供の数、ともに中国本土を除けば世界最多

アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールド

南紀白浜(和歌山県白浜市)にある、自然とのふれあいをテーマにしたテーマパークがアドベンチャーワールド。パンダの飼育で有名ですが、100万平方メートルもの広大な敷地は、マリンワールド、サファリワールド、動物とのふれあい・プレイゾーン、遊園地な

神戸市立王子動物園|神戸市

所在地:兵庫県神戸市灘区王子町3-1
飼育場所:パンダエリアを設けて飼育
見学内容:土・日曜、祝日のジャイアントパンダの観覧は事前申し込みが必要
1日4回お食事タイムを設定
歴史:平成12年7月16日来園のコウコウ(興興)、タンタン(旦旦)が始まり
「日中共同飼育繁殖研究」を実施

神戸市立王子動物園

神戸市立王子動物園

兵庫県神戸市灘区の王子公園内にある動物園が神戸市立王子動物園。昭和25年に開かれた「日本貿易産業博覧会」(神戸博)の跡地に生まれた動物園(前身は諏訪山遊園に昭和12年に設置された諏訪山動物園)で、約130種800頭羽の動物が飼育されています

世界三大珍獣・ジャイアントパンダ 見学できる動物園は3園
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

世界三大珍獣・オカピ 見学できる動物園は3園

シマウマのように見えて、実はキリンの仲間というオカピ。ジャイアントパンダ、コビトカバとともに絶滅危惧種で、世界三大珍獣に数えられています。日本国内で飼育されるのは、上野動物園と横浜市内にあるよこはま動物園ズーラシア、横浜市立金沢動物園の3園

コビトカバ

世界三大珍獣・コビトカバ 見学できる動物園は5園

世界三大珍獣に数えられるのは、ジャイアントパンダ、オカピ、そしてコビトカバ。コビトカバは、ミニカバとも呼ばれ、小人河馬と記されるように小型のカバ。飼育・繁殖されるのは、日本国内では上野動物園、東山動植物園、いしかわ動物園、ニフレル、神戸どう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ