神戸どうぶつ王国

神戸どうぶつ王国

兵庫県神戸市中央区にある「花と動物と人とのふれあい共生」をテーマとした全天候型の動植物園が、神戸どうぶつ王国。広大なグラスハウスと開放的な屋外エリアに1000種類の花が植栽され、150種800頭羽の動物たちが飼育されています。毎日実施されるバードパフォーマンスショーも人気です。

フリーフライトバードパフォーマンスが大人気

グラスハウスを利用した屋内型の施設としては、ハシビロコウ生態園 Big bill(ビッグビル)」、世界三大珍獣・コビトカバが飼育される「アフリカの湿地」、「スマトラトラ生態園」、「ロッキーバレー」(北アメリカの動物たち)の「ウルフクリーク」(シンリンオオカミ)、アメリカクロクマを展示するロッキーバレー「ベアーキャニオン」、クーガー(ピューマ)が飼育されるロッキーバレー「クーガーウォーク」、ビーバーが泳ぐロッキーバレー「ビーバークリーク」、「アジアの森」、カピバラのエサやりも楽しい「熱帯の森」、「熱帯の湿地」、スイレンが咲き乱れる「ウォーターリリーズ」、ウサギやモット、猫、小型犬などと触れ合う「コンタクトアニマルズ」(「ワンタッチ・ニャンタッチ」、「ピョンタッチ広場」、「コンタクトパロッツ」コーナー)などがあります。

屋外のアウトサイドパークには、ミナミアメリカオットセイ、ゴマフアザラシ、ケープペンギンなどを見学する「アクアバレー」、フタコブラクダに乗ることができる「キャメルコーナー」、「アルパカスペース」、アカカンガルーに餌やり、タッチが可能な「カンガルーファーム」、羊のコリデールたちがのどかに群れる「羊が丘」などがあり、こちらも充実。

しかも施設内はバリアフリーで、車椅子、ベビーカーでの移動も楽。

パフォーマンス、アトラクションは、「ペンギンおやつタイム」、「アザラシおやつタイム」、「ペリカンフライト」  、「フリーフライトバードパフォーマンス〝Wings(ウイングス)〟」 、「ワーキングドッグパフォーマンス“Buddy(バディ)”」、「ラクダライド」、「ホースライド」、「ポニーライド」と多彩です。

レストランは、環境保全啓発型キッチン「やまねこキッチン」、「アルパカフェ」などが営業。

神戸どうぶつ王国
名称 神戸どうぶつ王国/こうべどうぶつおうこく
所在地 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
関連HP 神戸どうぶつ王国公式ホームページ
電車・バスで 神戸新交通ポートアイランド線計算科学センター(神戸どうぶつ王国・「富岳」前)駅からすぐ
ドライブで 阪神高速3号生田川ICから約5km
駐車場 850台/有料
問い合わせ 神戸どうぶつ王国 TEL:078-302-8899/FAX:078-302-8222
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
コビトカバ

世界三大珍獣・コビトカバ 見学できる動物園は5園

世界三大珍獣に数えられるのは、ジャイアントパンダ、オカピ、そしてコビトカバ。コビトカバは、ミニカバとも呼ばれ、小人河馬と記されるように小型のカバ。飼育・繁殖されるのは、日本国内では上野動物園、東山動植物園、いしかわ動物園、ニフレル、神戸どう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ