主税町長屋門

主税町長屋門

愛知県名古屋市東区、文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)のすぐ北にある典型的な武家屋敷門が主税町長屋門(ちからまちながやもん)。大扉の東側に門番の部屋、西側に納屋が往時のままに現存。中級武士(300石級の組頭)の屋敷の長屋門で、明治時代には第三師団長官舎の玄関として使われていました。

名古屋の城下町に唯一現存する武家屋敷門

残念ながら、中級武士の屋敷自体はすでになく、長屋門だけがぽつねんと残されています。
当時、武士の身分は厳格で、身分に準じた門を構えていました。
尾張藩では長屋門形式の門を構えることができたのは、100石から1万石未満の武士でした。

主税町(ちからまち)の名は、名古屋城築城にともなって城下町の機能がすべて移転したいわゆる「清洲越し」の時、勘定奉行・野呂瀬主税助(のろせちからのすけ=もとは武田家に仕え、武田家滅亡後、徳川の家臣に、初代尾張藩主・徳川義直のもとで勘定奉行兼材木奉行に就任)が初めて屋敷を構えたことに由来しています(屋敷跡地は、現在のカトリック主税町教会)。

主税町は、300石級の尾張藩の中級武家の屋敷が並んでいた場所で、明治以降は文明開化とともに平均700坪程度という広さを活かし、輸出向けの陶磁器産業の中心地として発展していきます(近くに名古屋陶磁器会館があるのもそのため)。
大正から昭和初期にかけては、陶磁器関係の貿易商の他に、名古屋を代表する財界人などが多く移り住むようになり、美しい和風住宅や近代洋風建築が建ち並んだのです(旧豊田佐助邸、旧春田鉄次郎邸などが現存、現在も門・塀と緑樹からなる屋敷景観と戦前の優れた近代洋風建築が建ち並ぶ美しい町並みを形成)。

江戸時代以来の武家屋敷跡の地割りを残した白壁町筋、主税町筋、橦木町筋を中心とした14.3ha は、「白壁・主税・橦木町並み保存地区」に指定され、城下町散策にも絶好の地となっています。

主税町長屋門
名称 主税町長屋門/ちからまちながやもん
所在地 愛知県名古屋市東区主税町4-72
関連HP 名古屋市公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄桜通線高岳駅から徒歩10分
駐車場 なし
問い合わせ 観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係 TEL:052-972-2779/FAX:052-972-4128
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)

「日本の女優第1号」といわれる川上貞奴(かわかみさだやっこ)が女優引退後、電力王と呼ばれた福澤桃介とともに暮らしていた邸宅を移築保存したもの。大正2年に「名古屋電燈」の取締役に就任した福澤桃介は木曽川の電源開発に着手するが、その大事業の拠点

名古屋陶磁器会館

名古屋陶磁器貿易商工同業組合の事務所として昭和7年に建てられたレトロな建物。名古屋の陶磁器生産が全盛だった時代の優雅な建物で、1階には素敵な陶磁器が展示されています。スクラッチタイル貼りの外観、アールデコ調の館内とハウスウォッチングを目的に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ