白鳥塚古墳

白鳥塚古墳

愛知県名古屋市守山区にある志段味古墳群(しだみこふんぐん)を形成する前方後円墳が白鳥塚古墳(しらとりづかこふん)。墳丘長は、115mで、断夫山古墳(だんぷさんこふん/151m・名古屋市)、青塚古墳(123m・犬山市、青塚古墳史跡公園)に次ぎ、愛知県では3番目の大きさの古墳となっています。

石英で白く輝いていた外観がその名の由来

志段味古墳群のうち、国の史跡に指定される7基のひとつで、庄内川の河岸段丘の縁辺を活かして築かれた前方後円墳で、築造は4世紀前半(古墳時代前期)。
愛知県内の古墳で100mを超えるのは、この白鳥塚古墳を含めて3基しかありません(すべて旧尾張国)。
後円部の頂部の角礫による葺石に石英が多く混在、つまり墳丘に石英をまいたため白く輝き、白鳥塚と呼ばれるようになったといわれています。

日本武尊(やまとたけるのみこと)が伊吹山に荒ぶる神を鎮めに出かけた際、ヘビに足をかまれ、白鳥の導きで東谷山へと辿り着き、その白鳥を葬った地との伝承もあります(『東春日井郡誌』)。
これは古墳の東、東谷山の山頂、尾張戸神社古墳(国の史跡)に鎮座する尾張戸神社が、日本武尊の妻となった宮簀媛(みやづひめ)の創建という伝承にも結びつきます。
白鳥塚古墳も初代の尾張国造(おわりのくにのみやつこ)・乎止与命(おとよのみこと)の墳墓ではないかと推測されています。

一帯は、「歴史の里 しだみ古墳群」として整備され、ビジターセンターとして「体感!しだみ古墳群ミュージアム」が用意されています。
志段味古墳群は、66基が確認され、うち33基が現存。
古墳の出現から終末に至る歴史的な経過をたどることができる古墳群として注目されています。

ちなみに愛知県内で古墳が最も多いのは、豊橋市(750基)で、数でいえば圧倒的に尾張より三河のほうが古墳は多数残されています。
ただし、大型の古墳になると、かつての尾張国、名古屋市、春日井市、犬山市に集中しています。
愛知県内第4位は、守山白山古墳(名古屋市守山区/98m)、同率5位が墳丘長95mの船山1号墳(豊川市/三河国最大)と正法寺古墳(西尾市/三河国最大)、そして妙感寺古墳(犬山市)です。

白鳥塚古墳
名称 白鳥塚古墳/しらとりづかこふん
所在地 愛知県名古屋市守山区上志段味東谷2107
関連HP 名古屋市公式ホームページ
電車・バスで JR高蔵寺駅から徒歩15分
ドライブで 東名高速道路守山スマートICから約4km、春日井ICから約6km
駐車場 6台/無料
問い合わせ 名古屋市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護室 TEL:052-972-3268/FAX:052-972-4202
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
尾張戸神社

尾張戸神社

愛知県名古屋市守山区と瀬戸市の境にある標高198.4mの東谷山(とうごくさん/名古屋市の最高峰)の山頂に鎮座する古社が尾張戸神社(おわりべじんじゃ)。古来、信仰を集めた霊山で、尾張国造・尾張氏の本貫地で、祭神も尾張氏の祖神・天火明命(あめの

東谷山フルーツパーク

東谷山フルーツパーク

愛知県名古屋市の最高峰、守山区と瀬戸市との境に聳える東谷山 (とうごくさん・標高198.4m)の山麓一帯を整備した農業公園が東谷山フルーツパーク。桃、梅、梨、柿など17種の果樹園と有料施設の「世界の熱帯果樹温室」、果物に関する解説を行なう「

断夫山古墳

断夫山古墳

名古屋市の熱田神宮公園内にある断夫山古墳(だんぷさんこふん)は、墳丘長151m、前方部の幅116mで愛知県最大の前方後円墳。6世紀初頭の築造で、尾張連草香(おわりのむらじくさか)の墓と推測されています。この墳墓を日本武尊の妃・宮簀媛命(みや

青塚古墳史跡公園

愛知県犬山市青塚にある青塚古墳を中心とした一帯は、青塚古墳史跡公園として整備されています。犬山市南部に位置する青塚古墳は、墳長は123m、後円部は直径78m、高さ12mの前方後円墳で、愛知県では断夫山古墳(だんぷやまこふん/名古屋市熱田区/

東海・北陸の古墳 ベスト5

東海・北陸の古墳 ベスト5

ヤマト王権(畿内)に近い立地だった東海地区。そして独自の文化が花開いたと推測できる北陸。ヤマト王権と関わりの深い大首長が築いた前方後円墳がどこにあるのかを知ることは、古代、その地域の中心がどこだったかを知ることにも繋がります。律令時代に国府

志段味大塚古墳

志段味大塚古墳

愛知県名古屋市守山区にある志段味古墳群(しだみこふんぐん)のひとつで、国の史跡に指定される帆立貝形古墳が志段味大塚古墳(しだみおおつかこふん)。墳丘長51mで、志段味古墳群の中で最大規模の古墳。現在、名古屋市が「歴史の里 しだみ古墳群」とし

体感!しだみ古墳群ミュージアム

体感!しだみ古墳群ミュージアム

愛知県名古屋市守山区の志段味古墳群(しだみこふんぐん)。名古屋市内で発見される古墳の3分の1にあたる66基が見つかっていますが、一帯は「歴史の里しだみ古墳群」として整備され、そのガイダンス施設が体感!しだみ古墳群ミュージアムです。「展示室ガ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ