日本三彦山とは!?

日本三彦山

日本三彦山(にほんさんひこやま)、三彦山と呼ばれるのは、新潟県の弥彦山(やひこやま)、兵庫県の雪彦山(せっぴこさん)福岡県の英彦山(ひこさん)の三山。明治初年の神仏分離以前は、神仏習合で、修験(しゅげん)の霊山として栄えた山で、その歴史を今に伝えています。

弥彦山|新潟県

所在地:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦・長岡市寺泊野積
標高:634m
神仏習合時代:弥彦神社、別当は神宮寺で、本尊は阿弥陀如来像
国上山(くがみやま)の中腹の国上寺が、弥彦修験の中心

弥彦山

新潟平野にそびえる弥彦山(やひこやま)は、古くから神の山として信仰されてきた霊山。英彦山(ひこさん/福岡県)、雪彦山(せっぴこさん/兵庫県)とともに「日本三彦山」にも数えられています。山頂は、東京スカイツリー(R)と同じ高さの標高634m。

雪彦山|兵庫県

所在地:兵庫県姫路市夢前町山之内己
標高:洞ヶ岳(ほらがだけ/811m)、鉾立山(ほこたてやま/962m)、三辻山(みつじやま/915.1m)
神仏習合時代:雪彦山金剛鎮護寺(現在は賀野神社)が雪彦山大権現を祀る

雪彦山

雪彦山

古くから修験道(しゅげんどう)の山として知られる兵庫県姫路市夢前町にある霊山が、標高915.1mの雪彦山(せっぴこさん)。弥彦山(やひこやま/新潟県)、英彦山(ひこさん/福岡県・大分県)とともに日本三彦山のひとつ。岩峰だけに登山コースにも、

英彦山|福岡県

所在地:福岡県田川郡添田町英彦山
標高:1199.5m
神仏習合時代:神体山として崇拝され、英彦山大権現霊仙寺(現在の英彦山神社)がその中心
江戸時代、一山挙げての祭礼『松会』には、九州全域からの参拝者7~8万人と記録されています

英彦山

英彦山

福岡県添田町と大分県中津市にまたがる標高1199.5mの霊山が英彦山(ひこさん)。江戸時代以前の神仏習合時代には修験道で栄え、出羽三山(山形県)や吉野山・大峰山(奈良県・和歌山県)と並ぶ日本三大修験道場のひとつ。北岳、中岳、南岳の3つの峰か

日本三彦山とは!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ