英彦山

英彦山

福岡県添田町と大分県中津市にまたがる標高1199.5mの霊山が英彦山(ひこさん)。江戸時代以前の神仏習合時代には修験道で栄え、出羽三山(山形県)や吉野山・大峰山(奈良県・和歌山県)と並ぶ日本三大修験道場のひとつ。北岳、中岳、南岳の3つの峰から成り、最高点は南岳。中岳頂上には英彦山神宮上津宮が鎮座しています。

西国修験道の拠点だった霊山に登拝

英彦山
英彦山山頂からの眺望

修験道(しゅげんどう)は、森羅万象に神が宿るという古神道に、険しい山へ籠もり、厳しい修行を行なうことで、悟りを得ることを目的とする日本古来の山岳信仰と、さらには飛鳥時代に伝来した仏教が融合し、役小角(えんのおづぬ)が吉野山で開いたとされています。

福岡県内の山としては釈迦岳・本釈迦(1229.5m)に次いで標高が高いため、中岳から北岳の山腹には、九州では珍しいブナの原生林が広がっています。

北岳の望雲台は、深く切り落ちた大岩壁の頂で、修験道の行場だった場所。

英彦山の山頂へのルートはいくつかあり、鎖やロープが下がる崖も多く、ここが山伏の修験場であったことが納得できます。

登山者が最も多い表参道コース(正面登山口・銅の鳥居~英彦山神宮奉幣殿~英彦山神宮中宮~中岳)は所要1時間30分ほど。
正面登山口・銅の鳥居から奉幣殿までは長い石段が連続(銅鳥居から英彦山神宮奉幣殿までは英彦山スロープカーの利用も可能)。
別所駐車場を起点とすれば、5分ほど短縮できます。

国道500号沿いの「英彦山温泉しゃくなげ荘」では日帰り入浴や食事が可能なので、登山の汗を流すのに絶好です。

12世紀から西国修験道の一大拠点として栄えた英彦山、往時には山内に3800の僧坊、そして四十九窟(行場)があったとされていますが、明治の神仏分離、修験禁止令により修験道が廃止され、英彦山神宮となって霊山と修験の歴史を今に伝えています。

英彦山
名称 英彦山/ひこさん
所在地 福岡県田川郡添田町英彦山
関連HP 添田町公式ホームページ
電車・バスで JR彦山駅から添田町バス英彦山行き20分、英彦山神宮下下車。山頂まで徒歩2時間30分
ドライブで 大分自動車道杷木ICから約31kmで別所駐車場。山頂まで徒歩2時間
駐車場 別所駐車場(100台/無料)
問い合わせ 添田町まちづくり課文化財係 TEL:0947-82-5964
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
英彦山神宮

英彦山神宮

江戸時代以前は、出羽三山(山形県)、吉野山・大峰山(奈良県・和歌山県)と並ぶ日本三大修験道場のひとつとして、修験道で栄えた英彦山(福岡県添田町)。明治初年の神仏分離、それに続く修験禁止令で、英彦山全体を神域とする英彦山神宮(ひこさんじんぐう

旧亀石坊庭園

旧亀石坊庭園

12世紀から西国を代表する修験道の聖地として栄えた英彦山(ひこさん/中世には彦山)。神仏習合の彦山三所権現が祀られ、山中にはわかっているだけでも800ほどの坊がありました。英彦山山麓(福岡県添田町)に残る旧亀石坊庭園は、雪舟が作庭したと伝

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ