英彦山神宮

英彦山神宮

江戸時代以前は、出羽三山(山形県)、吉野山・大峰山(奈良県・和歌山県)と並ぶ日本三大修験道場のひとつとして、修験道で栄えた英彦山(福岡県添田町)。明治初年の神仏分離、それに続く修験禁止令で、英彦山全体を神域とする英彦山神宮(ひこさんじんぐう)となり、中腹の奉幣殿から山頂の上津宮(本殿)まで、広大な敷地を保有。

修験道で繁栄した歴史を今に伝える

英彦山神宮

主祭神は正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)、伊佐奈伎尊(いざなぎのみこと)、伊佐奈美尊(いざなみのみこと)。
神仏習合時代には北岳・法体権現(天之忍穂耳命/本地仏:阿弥陀如来)、南岳・俗体権現(伊佐奈伎尊/本地仏:釈迦如来)、中岳・女体権現(伊佐奈美尊/本地仏:千手観音)とし、法体権現・俗体権現・女体権現を合わせて「彦山三所権現」と称していました(権現=本地垂迹説で仏が仮に姿を変えて日本の神として現れること)。

 天之忍穂耳命が天照大神(あまてらすおおみかみ)の御子であることから「日の子の山」、そして「日子三(ひこさん)」となったとも。

元来は英彦山を御神体とする古代からの山岳信仰で、平安時代編纂の延喜式神名帳には、忍骨命神社として記載されています。
中世(12世紀)以降は神仏習合の修験道場として発展。
中腹に建つ英彦山神宮奉幣殿は、神仏習合時代の霊仙寺大講堂(霊仙寺=神社を管理する神宮寺)で、現在の建物は江戸時代初期の小倉藩主・細川忠興による再建。
国の重要文化財に指定されています。

奉幣殿の脇にある御神水「天ノ水分神(」あめのみくまりのかみ、龍神)は、岩間から湧出する圓通の瀧(えんつうのたき)から引水された霊水。
修験者が入峰時に水筒に入れ、峰中の飲用とお守りとして用いたもの。

表参道入口の銅鳥居は、寛永14年(1637年)、佐賀藩主・鍋島勝茂の寄進で、国の重要文化財。
「英彦山」の勅額は霊元天皇の宸筆。

「英彦山三千 八百坊」、四十九窟(弥勒菩薩の浄土を模した行場)と呼ばれ、実際にも800もの坊が山中にあったことがわかっています。
享保14年(1729年)、霊元法皇から天下に抜きん出た霊山であるとして「英」の字が授けられ、「英彦山」と称するように。

名称 英彦山神宮/ひこさんじんぐう
所在地 福岡県田川郡添田町英彦山1
関連HP 英彦山神宮公式ホームページ
電車・バスで JR彦山駅から添田町バス英彦山行き20分、英彦山神宮下下車、徒歩30分
ドライブで 大分自動車道杷木ICから約31kmで別所駐車場
駐車場 別所駐車場(100台/無料)
問い合わせ TEL:0947-85-0001/FAX:0947-85-0663
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
英彦山

英彦山

福岡県添田町と大分県中津市にまたがる標高1199.5mの霊山が英彦山(ひこさん)。江戸時代以前の神仏習合時代には修験道で栄え、出羽三山(山形県)や吉野山・大峰山(奈良県・和歌山県)と並ぶ日本三大修験道場のひとつ。北岳、中岳、南岳の3つの峰か

旧亀石坊庭園

旧亀石坊庭園

12世紀から西国を代表する修験道の聖地として栄えた英彦山(ひこさん/中世には彦山)。神仏習合の彦山三所権現が祀られ、山中にはわかっているだけでも800ほどの坊がありました。英彦山山麓(福岡県添田町)に残る旧亀石坊庭園は、雪舟が作庭したと伝

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ