土合駅構内土合斜坑

土合斜坑

群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽、上越線(下り線)の新清水トンネルの内部にある土合駅(「日本一のモグラ駅」)の地下ホームへ、地上から続く連絡通路が、土合駅構内土合斜坑(どあいえきこうないどあいしゃこう)。JR上越線清水トンネル関連施設群として土木遺産に認定。

土木遺産に認定されるのは、新清水トンネルの斜坑の転用だから

土合斜坑

「日本一のモグラ駅」と呼ばれる土合駅の上越線(下り線)ホーム。
昭和6年開通の上越線(清水トンネルと2つのループ線)を新清水トンネル開通による複線化で上り線に転用したため、土合駅の上り線ホームは地上駅です。

上り線ホームと、下り線ホームとの高度差は、なんと81m。
大清水トンネル内の下り線を結ぶ、長い階段の通路が土合駅構内土合斜坑です。

実はこの通路、昭和42年開通の新清水トンネル掘削にあたり、工事中の「ずり出し」(トンネル掘削で生じる土や岩の搬出)や資材供給などの役割を担った工事用の斜坑を転用したもので、完成後に土合駅のホームへの通路とすることを設計段階から考慮の上で掘削されたもの。
幅員7m、高さ5mの斜坑が平均勾配14度で、階段は486段、斜坑部分の全長は305mもあり、上るとホームから地上までは10分ほど要します。
5段おきに踊場が付いているのは一休みのため。

最初はエスカレーターを設置する計画がありましたが、見送られたため、今も階段を上り下りする必要があります。

土合駅構内土合斜坑は、清水トンネル(昭和6年完成)、新清水トンネル(昭和42年)、湯檜曽ループ線(昭和6年)、松川ループ線(昭和6年)、毛渡沢橋梁(昭和6年)、湯桧曽橋梁(昭和6年)とともに、JR上越線清水トンネル関連施設群として土木遺産にもなっています。

土合斜坑
土合駅構内土合斜坑
名称 土合駅構内土合斜坑/どあいえきこうないどあいしゃこう
所在地 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽
ドライブで 関越自動車道水上ICから約12km
駐車場 谷川岳ベースプラザ駐車場(1500台/有料、年末年始を除く12月〜4月は平日無料)、谷川岳インフォメーションセンター駐車場など
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
清水トンネル

清水トンネル

上越国境(群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼郡湯沢町)に位置する上越線のトンネルが、清水トンネル。関東と新潟をつなぐ鉄路の大動脈として、昭和6年9月1日に開通。川端康成の小説『雪国』で「国境の長いトンネル」と形容されたことで有名です。「国

土合駅

土合駅

群馬県みなかみ町湯檜曽(ゆびそ)にあるJR東日本上越線の駅が土合駅(どあいえき)。下り線は、地上にある駅舎から地下に10分ほど階段を下ってようやくホームという「日本一のモグラ駅」として有名。かつては谷川岳の登山口として登山客で賑わった駅です

湯檜曽駅・湯檜曽ループ線

湯檜曽駅・湯檜曽ループ線

群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽にあるJR上越線の駅が湯檜曽駅(ゆびそえき)。昭和6年9月1日、上越国境の清水トンネルの完成により、水上駅〜越後湯沢駅間開通に伴って開業。地上駅である上り線ホームからは、土合駅寄りの高台を走る湯檜曽ループ線を眺望

毛渡沢橋梁

毛渡沢橋梁

新潟県南魚沼郡湯沢町土樽、 上越線土樽駅(つちたるえき)近く、魚野川最上流部に架る美しい鉄道橋が、毛渡沢橋梁(けどさわきょうりょう)。昭和6年9月1日の水上駅〜越後湯沢駅間の延伸開業(清水トンネル開通)に伴って架橋された橋です(当

全国モグラ駅 6選

全国モグラ駅 6選

「日本一のモグラ駅」といわれるのはJR上越線の土合駅、JRでもっとも低いモグラ駅は東京駅・京葉線ホームで海抜−27.14m。逆に日本最高所のトンネル駅は立山トンネルトロリーバスの室堂ターミナル。全国を代表するモグラ駅6駅を紹介します。土合駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ