土合砂防堰堤

土合砂防堰堤

群馬県利根郡みなかみ町を流れる湯桧曽川に築かれた歴史ある砂防堰堤が、土合砂防堰堤(どあいさぼうえんてい)。昭和16年に完成した定半径アーチ式石積堰堤で、堤長112m、堤高11m。湯桧曽川に建設された群馬県初のアーチ式堰堤で、土木遺産に認定されています。

昭和16年完成、貴重なアーチ式の砂防堰堤

群馬県が湯桧曽川に築いた半円形のアーチ式堰堤。
外側に雑割石を積み、中詰めに玉石コンクリートを施工したもので、周辺は堅い河床岩盤だったため(岩盤が露出した部分)、下流部の洗掘防止の副堰堤などは設置されていません。
アーチ式になっているのは、地形上の問題で、落下水を中央に集める必要から。

築石は現地近くの原石を加工して使用していますが、従事した石工は昭和6年に完成した上越線清水トンネルの建設に携わった新潟県側からの作業員で、トンネル工事終了後もそのまま居住し、砂防堰堤の建設に従事したのです。

国道291号の土合駅を過ぎた土合橋から眺望可能。
すぐ近くに白毛門登山口駐車場があるので、車を駐車場に入れればのんびりと見学ができます。
かつては、土合駅で下車した谷川岳登山者が、この滝のような堰堤を眺め、記念撮影をしたのですが、いつの間にか忘れ去れてしまいました。

上越国境近くでは、新潟県側・湯沢町の大源太川第1号砂防堰堤もアーチ式(昭和14年完成/国の登録有形文化財、土木学会選奨土木遺産)で、戦前に完成したアーチ式の砂防堰堤は、芦安堰堤(昭和5年完成)など、全国に8基しかありません(すでに埋没したものも)。

土合駅〜土合橋の間で、上越線(上り線)の踏切を越えますが、踏切から上越国境側に見えるのが、昭和6年開通の清水トンネル・群馬側抗口です。

谷川岳ロープウェイの山麓駅「谷川岳ベースプラザ」にも近いので、谷川岳ロープウェイ利用の際にはお立ち寄りを。

土合砂防堰堤
名称 土合砂防堰堤/どあいさぼうえんてい
所在地 群馬県利根郡水上町湯桧曽
関連HP 群馬県建設技術センター公式ホームページ
電車・バスで JR土合駅から徒歩10分
ドライブで 関越自動車道水上ICから約12km
駐車場 谷川岳ベースプラザ駐車場(1500台/有料、年末年始を除く12月〜4月は平日無料)、谷川岳インフォメーションセンター駐車場など
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
土合駅

土合駅

群馬県みなかみ町湯檜曽(ゆびそ)にあるJR東日本上越線の駅が土合駅(どあいえき)。下り線は、地上にある駅舎から地下に10分ほど階段を下ってようやくホームという「日本一のモグラ駅」として有名。かつては谷川岳の登山口として登山客で賑わった駅です

清水トンネル

清水トンネル

上越国境(群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼郡湯沢町)に位置する上越線のトンネルが、清水トンネル。関東と新潟をつなぐ鉄路の大動脈として、昭和6年9月1日に開通。川端康成の小説『雪国』で「国境の長いトンネル」と形容されたことで有名です。「国

大源太川第1号砂防堰堤

大源太川第1号砂防堰堤

新潟県南魚沼郡湯沢町土樽、大源太キャニオンと通称される地にある大源太川に築かれたアーチ式の砂防堰堤が、大源太川第1号砂防堰堤。国の登録有形文化財、土木遺産に認定の砂防ダムで、ダム湖の大源太湖の湖畔には大源太キャニオンキャンプ場が整備されてい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ