宇和民具館

宇和民具館

愛媛県西予市宇和町卯之町、西予市宇和町卯之町伝統的建造物群保存地区(国の重伝建)に選定されたレトロな町並みの中にあるミュージアムが、宇和民具館。擬洋風建築の開明学校の向かいに建つ宇和民具館は、周辺各地から集めた5000点にものぼる生活用具が、テーマごとに展示されています。

1階では「おひなさま」「端午の節句」などの企画展も

宇和盆地の重要な穀倉地帯として、周辺の農村との物資集散を行なう、在郷町としても栄えた宇和(西予市宇和町)。
ここが文化の先進地だったことを想像させるのが開明学校と、宇和民具館。
宇和民具館の館内は、常設展示室、収蔵展示室、企画展示室、町屋の4コーナーに分かれ、内部には典型的な町屋を再現したコーナー、大正元年から昭和48年まで娯楽の殿堂として活躍した常設劇場「栄座」の模型、夏の『うわじま牛鬼まつり』の牛鬼面(ぎゅうきめん)の展示もあります。

牛鬼は、頭が牛で首から下は鬼の胴体を有する西日本に伝わる妖怪で、宇和島地方の伝承は有名。
南予の祭礼に登場する牛鬼は、5m~6mの牛をかたどった竹組みの胴体に丸木で作られた長い首と鬼の頭、剣をかたどった尻尾がついており、全身はシュロの毛または赤色の布で覆われています(愛媛県歴史文化博物館にも展示されています)。

宇和民具館の入館料には、開明学校の入館料が含まれているので、開明学校もあわせて見学を。

宇和民具館
『うわじま牛鬼まつり』の牛鬼面
宇和民具館
名称 宇和民具館/うわみんぐかん
所在地 愛媛県西予市宇和町卯之町3-106
関連HP 西予市公式ホームページ
電車・バスで JR卯之町駅から徒歩5分
ドライブで 松山自動車道西予宇和ICから約1.5km
駐車場 市営駐車場(350台/無料、西予市宇和文化会館)
問い合わせ 宇和民具館 TEL:0894-62-1334
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
開明学校

開明学校

愛媛県西予市宇和町の卯之町に町民の寄付により明治15年に建てられた学校が、開明学校。現存する西日本最古の擬洋風学校建築として国の重要文化財に指定されています。その前身は学制発布の明治2年に造られた郷校の「申義堂」で、宇和の人々の教育熱心さと

和霊大祭・うわじま牛鬼まつり

和霊大祭・うわじま牛鬼まつり|宇和島市

毎年7月22日~7月24日、愛媛県宇和島市で『和霊大祭・うわじま牛鬼まつり』(和霊神社例祭)が行なわれます。歴史ある南予最大の祭りで、ガイヤカーニバルを皮切りに始まり、何体もの牛鬼が市内を練り歩く牛鬼パレード、伝統の宇和島おどり、海上花火大

宇和先哲記念館

宇和先哲記念館

愛媛県西予市宇和町卯之町、西予市宇和町卯之町伝統的建造物保存地区(国の重伝建)に選定されたレトロな町並みの一画にあるミュージアムが、宇和先哲記念館。地元、宇和にゆかりの人物で、偉業を残した哲人たちの業績や人物像について、資料や遺品などで紹介

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ