道の駅とみうら枇杷倶楽部

道の駅とみうら枇杷倶楽部

千葉県南房総市、富津館山道路富浦ICにも近い南房総市富浦地区を走る国道127号沿いにある道の駅が、道の駅とみうら枇杷倶楽部(びわくらぶ)。千葉県最初にオープンした道の駅ですが、充実の施設で誕生以来、全国でもトップクラスの人気を保ち、「全国道の駅グランプリ2000」 で、最優秀賞受賞したという歴史も。

各種体験メニューも充実!

枇杷倶楽部(びわくらぶ)の名の通り、温暖な気候を活かして富浦周辺は「房州びわ」の産地(ビワの旬は5月~6月)。

枇杷倶楽部ショップでは季節(5月~6月)には特産の「房州びわ」が並ぶほか、通年、その加工品の枇杷まんじゅう、びわジャム、レアチーズケーキ(枇杷ソース付き)、 枇杷ゼリー、 びわ葉茶などの食品から、びわ石けん、びわの葉ボディーソープなどびわ製品を販売。
「枇杷倶楽部カフェ」ではびわカレー、びわソフトクリーム、びわシャーベット、びわ紅茶、 びわ葉茶とこちらもびわ尽くし。
カフェテラスはペット同伴OKです。

直営農場「花倶楽部」では広大な敷地にポピー、ガーベラ、金魚草、ストレリチアなどの美しい花が露地栽培、温室栽培され、2月~3月には、周囲に菜の花が咲き乱れます。

体験メニューも充実し、いちご狩り(1月~ゴールデンウィーク)、食用ナバナ摘み(2月中旬~3月中旬)、びわ狩り(5月上旬~6月下旬)、ぶどう狩り(8月下旬~9月上旬)、フラワーリースづくり(通年)、貝殻ストラップづくり(通年)などが可能(枇杷倶楽部入り口インフォメーションカウンターへ申し込み、詳細は事前に確認を)。

いちご狩りは、栽培面積24アールという「枇杷倶楽部いちご庭園」を所有し、2月〜4月上旬にいちご狩りも可能。
いちご庭園のすぐ隣が、「枇杷倶楽部花摘みハウス」で、初春には金魚草、ポピーなどの花摘みが可能。

画像協力/南房総市

道の駅とみうら枇杷倶楽部
名称 道の駅とみうら枇杷倶楽部/みちのえきとみうらびわくらぶ
所在地 千葉県南房総市富浦町青木123-1
関連HP 道の駅とみうら枇杷倶楽部公式ホームページ
電車・バスで JR富浦駅から徒歩15分。または、高速バスでとみうら枇杷倶楽部下車
ドライブで 富津館山道路富浦ICから約1.5km
駐車場 80台/無料
問い合わせ 道の駅とみうら枇杷倶楽部 TEL:0470-33-4611/FAX:0470-33-4231
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
南房総の花摘み

南房総で花摘みを楽しもう!

鋸山を越えて南に行けば、服一枚分暖かくなるといわれ、千葉県鋸南町は、霜の降りない避寒の地。とくに房総半島南端の南房総では、富浦、和田浦、千倉など各地で花卉(かき)が路地栽培、ハウス栽培され、例年1月〜3月には花摘みも楽しむことができます。南

道の駅おおつの里花倶楽部

道の駅おおつの里花倶楽部

千葉県南房総市富浦町の内陸部を走る千葉県道185号(犬掛館山線)沿いにある道の駅が、道の駅おおつの里花倶楽部。国内最大級の全天候型花摘み園を併設し、春の花摘みはもちろんのこと、フラワーアレンジメント体験、イチゴ狩りやメロン狩り(夏季)が楽し

道の駅白浜野島崎

道の駅白浜野島崎

千葉県南房総市白浜町滝口、南房総の最南端を走る国道410号近くに位置する房総半島最南端の道の駅が、道の駅白浜野島崎。駐車場とトイレ、休憩施設、農産物の直売コーナー「FarmersConcierge」があり、パンフレットなども置かれているので

大房岬

大房岬

千葉県南房総市富浦町、東京湾の湾口・浦賀水道に突き出た全長2kmの大房岬。江戸時代に江戸湾防備の砲台が置かれ、戦前には、東京湾要塞の要塞になったことで開発を免れ、自然が守られることに。岬一帯が大房岬自然公園として整備され、要塞の遺構を見学が

道の駅ローズマリー公園

道の駅ローズマリー公園

千葉県南房総市白子、房総フラワーライン・千葉県道297号(和田丸山線)沿いに建つ道の駅が道の駅ローズマリー公園。地元の農産物や、地ものを生かした加工品を販売し、「南房総の美味しさをあなたに伝えたい」をコンセプトとした食のテーマパーク「はなま

道の駅富楽里とみやま

道の駅富楽里とみやま

千葉県南房総市二部、富津館山道路の富山PA(ハイウェイオアシス富楽里)に隣接し、千葉県道184号(外野勝山線)沿いにある道の駅が道の駅富楽里とみやま。富楽里(ふらり)とは、「富山町の楽しい里」の意。観光途中の寄り道というより、旅の目的地とし

道の駅三芳村鄙の里

道の駅三芳村鄙の里

千葉県南房総市川田の千葉県道88号(富津館山線)沿いにある道の駅が道の駅三芳村鄙の里。広域合併前の三芳村(みよしむら)の観光拠点だった道の駅。三芳村は実は奈良時代に安房国の国府が置かれた場所。日本の酪農発祥の地でもあり、古代には房総半島や関

道の駅和田浦WA・O!

道の駅和田浦WA・O!

現在国内に5ヶ所(網走、函館、鮎川、和田、太地)ある沿岸捕鯨の地、和田浦(千葉県南房総市和田町)を走る国道128号(外房黒潮ライン)沿いに位置する道の駅が道の駅和田浦WA・O!。観光・地域情報発信ステーション 「WA・O!アトリウム」には「

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ