大房岬砲台跡(東京湾要塞)

大房岬砲台跡(東京湾要塞)

千葉県南房総市富浦町、東京湾の湾口に突き出した緑豊かな半島にある大房岬砲台跡(東京湾要塞)。大房岬の砲台は江戸時代後期の文化8年(1811年)に江戸湾防備のために備えられた13門が始まり。その後、東京湾の入口を守る重要性から洲崎第一砲台と同年の昭和3年から4年がかりで砲台が築かれています。

大房岬自然公園に砲台の遺構が現存

東京湾要塞の一部となり、民間人の出入りは厳しく制限されたことから、結果として大房岬の自然が残され、大房岬自然公園として整備されています。

大房岬自然公園内には第二砲塔の基部、第二砲塔弾薬庫、第二照明所、発電所跡、探照灯格納庫などが残り、海岸部には魚雷発射に使われた桟橋などの跡(人間魚雷回天10型特攻基地跡)も。
岬全体が砲台敷地で、入口部分に看守衛舎、兵舎、食堂などの居住施設、砲具庫、油庫などが配され、先端の高台に砲台2基4門が40m間隔で設置されていました。

観測所は海側の崖にあり、そのほか、照明所、発電所などが置かれ、さらに海岸部には海軍の聴測所や魚雷艇基地などがあり、全体が要塞になっていたのです。

砲塔は、ワシントン軍縮会議(大正10年)の結果、削減が義務づけられ不要となった巡洋艦「鞍馬」(明治40年進水、大正12年廃船)の副砲2基(45口径20cm連装砲、砲の射程は18km)が備えられていますが、時はすでに航空機の時代に突入しており、実戦に使われたことはありませんでした。

軍縮会議で廃船や空母に転用した艦船の砲塔を、砲台にした砲塔砲台は、全国に12ヶ所あり、東京湾要塞では、大房岬のほか、洲崎第一砲台(現・ 千葉県館山市加賀名)、千代ヶ崎砲台(神奈川県横須賀市)、城ヶ島砲台(神奈川県三浦市三崎町)があります。

大房岬砲台跡(東京湾要塞)
名称 大房岬砲台跡(東京湾要塞)/たいぶさみさきほうだいあと(とうきょうわんようさい)
所在地 千葉県南房総市富浦町多田良
関連HP 大房岬自然公園公式ホームページ
電車・バスで JR富津駅から徒歩40分
ドライブで 富津館山道路富津ICから約3.9km
駐車場 80台/無料
問い合わせ 大房岬ビジターセンター TEL:0470-33-4551
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大房岬

大房岬

千葉県南房総市富浦町、東京湾の湾口・浦賀水道に突き出た全長2kmの大房岬。江戸時代に江戸湾防備の砲台が置かれ、戦前には、東京湾要塞の要塞になったことで開発を免れ、自然が守られることに。岬一帯が大房岬自然公園として整備され、要塞の遺構を見学が

東京湾要塞・猿島砲台跡

東京湾要塞・猿島砲台跡

神奈川県横須賀市、横須賀新港沖合い1.7kmに位置する猿島に残るのが東京湾要塞・猿島砲台跡。明治時代、首都東京と海軍・横須賀軍港(横須賀鎮守府/明治17年設置)を守備するため、明治14年11月に起工、明治17年6月に竣工した砲台で、同じ横須

観音崎砲台・北門第三砲台跡

観音崎砲台・北門第三砲台跡

神奈川県横須賀市にある県立観音崎公園は、明治時代に築かれた東京湾要塞の遺構が残されています。眺めのいい「海の見晴らし台」近くにあるのが観音崎砲台・北門第三砲台跡。尾根沿いに続く敷石の園路からレンガ造りの第三砲台隧道を抜けると、砲座の跡があり

観音崎砲台・北門第一砲台跡

観音崎砲台・北門第一砲台跡

東京湾の入口に突き出した観音崎は、幕末に江戸湾防備の台場が、さらに明治以降は首都圏防衛の東京湾要塞の砲台が築かれた場所。明治2年に初点灯した観音埼灯台も江戸時代には台場が築かれた地。その観音埼灯台の南側にあるのが観音崎砲台・北門第一砲台跡で

中央公園(米ヶ浜砲台跡)

中央公園(米ヶ浜砲台跡)

神奈川県横須賀市深田台にある横須賀港や東京湾、対岸の房総半島を眺望する3.8haの公園が中央公園。実は帝国陸軍の米ヶ浜砲台跡を再生した公園で、戦前は秘密のベールに包まれた立入禁止の一帯でした。現在は、公園として整備され、横須賀や三浦半島の歴

中の島展望台(富津元洲堡塁砲台跡)

当初は清国北洋水師、次にロシア太平洋艦隊の来攻を想定して東京湾の入口、富津岬の基部に築かれた東京湾要塞のひとつが富津元洲堡塁砲台。東京湾要塞の一部として大正時代まで機能しました。現在は県立富津公園の一部で、要塞の中央部には中の島展望台(中の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ