財賀寺

財賀寺

愛知県豊川市にある高野山真言宗の古刹、財賀寺(ざいかじ)。神亀元年(724年)、聖武天皇の勅願により行基が開創し、弘仁年間(810年〜824年)に空海(弘法大師)が再興したと伝えられています。寺伝では、さらに源頼朝が堂宇を整備したとあり、中世の繁栄がうかがえます。近世では徳川家康の庇護で10万石の格式に列しました。

仁王門、仁王像は国の重要文化財

現存する仁王門は、国の重要文化財。
安置される木造金剛力士立像(仁王像)は、平安時代後期(11世紀)の作と推定され、やはり国の重要文化財になっています。

文政6年(1823年)再建の本堂、安政6年(1859年)再建の文殊堂は国の登録有形文化財。
本堂内陣は特別拝観となるので、なるべくなら事前に予約を(2名以上で予約を)。
文殊堂には平安中期の三河守・大江定基(おおえのさだもと)ゆかりの文殊菩薩(秘仏)を安置するため、知恵の文殊としても有名です。

1月3日の『御田植祭』、3月最終日曜には『智恵文殊まつり』、8月13日に『万灯会』、8月15日に『施餓鬼供養会』が行なわれます。

三河国の国府は、南西に数キロしか離れておらず、国府との関係性も推測できます。

名称 財賀寺/ざいかじ
所在地 愛知県豊川市財賀町観音山3
関連HP 財賀寺公式ホームページ
電車・バスで 名鉄国府駅からタクシーで15分
ドライブで 東名高速道路豊川ICから約10km
駐車場 あり
問い合わせ TEL:0533-87-3494
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
財賀寺『智恵文殊まつり』

財賀寺『智恵文殊まつり』|豊川市

毎年3月最終日曜9:00〜16:00、愛知県豊川市の財賀寺(ざいかじ)で『智恵文殊まつり』が行なわれます。財賀寺の大祭で、境内に祀られる文殊菩薩(もんじゅぼさつ)は智恵文殊として名高く、現在では智恵文殊まつりとして多くの学童父兄で賑います。

財賀寺『お田植祭』

財賀寺『お田植祭』|豊川市

毎年1月3日14:00~15:00、愛知県豊川市の財賀寺(ざいかじ)本堂で『お田植祭』(おたうえまつり)が行なわれます。稲作の過程を模擬的に演じて豊作を祈る民俗芸能で、東三河各地に残る田遊びと同じ。役に扮するのは11人の男性で、太鼓の音に合

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ