日本三大樹氷とは!?

日本三大樹氷

日本海を流れる対馬海流(暖流)の影響で、湿った空気がシベリアからの北西の季節風で運ばれ、山にぶつかって上昇気流が生まれ、雪を降らせます。こうして誕生するのが樹氷。スノーモンスターと呼ばれるような樹氷は、日本特有。日本三大樹氷と呼ばれる蔵王、森吉山、八甲田山はすべてアオモリトドマツの樹氷です。

蔵王の樹氷/山形県・宮城県

山形蔵王

樹氷見学の場所:蔵王ロープウェイ/山形県山形市蔵王温泉
樹氷の見頃:12月下旬〜3月上旬
観賞の手段:蔵王ロープウェイ(ライトアップ運行も実施)または樹氷高原駅から暖房付の特殊車両・新型雪上車「ナイトクルーザー号」を利用

蔵王ロープウェイ『樹氷ライトアップ』

蔵王ロープウェイ『樹氷ライトアップ』|山形市|2019-2020

2019年12月28日(土)~2020年2月29日(土)の間の限定47日間(除外日あり)、山形県山形市の蔵王温泉・蔵王ロープウェイで『樹氷ライトアップ』が行なわれます。蔵王の樹氷を色彩豊かな照明でライトアップ。静寂なそして漆黒の闇の中にカラ

宮城蔵王

樹氷見学の場所:みやぎ蔵王すみかわスノーパーク/宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
樹氷の見頃:12月中旬〜3月中旬
観賞の手段:暖房付乗用雪上車「ワイルドモンスター号」

みやぎ蔵王の樹氷めぐり

すみかわスノーパーク『みやぎ蔵王の樹氷めぐり』|蔵王町|2019-2020

2019年12月14日(土)~2020年3月15日(日)、宮城県蔵王町のすみかわスノーパークで『みやぎ蔵王の樹氷めぐり』を開催。「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」では、暖房完備の雪上車「ワイルドモンスター号」に乗って、蔵王の大自然が織りなす

森吉山/秋田県

樹氷見学の場所:阿仁スキー場/秋田県北秋田市阿仁鍵ノ滝
樹氷の見頃:1月中旬〜3月上旬
観賞の手段:阿仁ゴンドラまたは『夜の樹氷観賞会』を利用し雪上車(キャビン付圧雪車)で

森吉山阿仁スキー場『樹氷観賞・夜の樹氷観賞会』

森吉山阿仁スキー場『樹氷観賞・夜の樹氷観賞会』|北秋田市|2020

2020年1月11日(土)〜3月8日(日)、秋田県北秋田市の森吉山阿仁スキー場で『樹氷観賞・夜の樹氷観賞会』が行なわれます。期間中は樹氷スタッフが常駐し、樹氷教室の開催やスノーシュー・ストックの無料貸し出しを実施。『夜の樹氷観賞会』は2月1

八甲田山/青森県

樹氷見学の場所:八甲田ロープウェー(八甲田スキー場)/青森県青森市荒川寒水沢1-12
樹氷の見頃:1月〜2月
観賞の手段:八甲田ロープウェーのゴンドラから

八甲田ロープウェー

八甲田連峰の一座である田茂萢岳(たもやちだけ・1326m)にかかるのが八甲田ロープウェー。青森市と奥入瀬、十和田湖を結ぶ十和田ゴールドライン沿いにあるので、八甲田ロープウェーを使えば手軽に八甲田山の雄大な自然に親しむことができます。101人

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ