日本三大朝市とは!?

日本三大朝市

山の産物、海の産物を持ち寄り、神社の祭礼日などで物々交換したのが朝市の始まり。当初は六斎市などの定期市だったものが、通年行なわれるようになり、出店数も多いのが、勝浦朝市(千葉県)、輪島朝市(石川県)、そして高山朝市(陣屋前朝市・宮川朝市)で、日本三大朝市に数えられています。

勝浦朝市

開催地:千葉県勝浦市(朝市通り)/毎月1日〜15日=下町朝市通り、16日〜月末=仲本町朝市通り
歴史:天正18年(1590年)
出店数:70店舗
開催日:水曜と年始を除く毎日
名物:カツオやマグロなどの鮮魚、地物の野菜と、物々交換の歴史を今に伝える品物が並びます

勝浦朝市

勝浦朝市

千葉県勝浦市、勝浦漁港に近い市街地で開かれる朝市が勝浦朝市。石川県輪島市、岐阜県高山市と並んで日本三大朝市のひとつにも数えられています。勝浦朝市は、江戸時代から400年以上も続く歴史ある市。「勝浦三町江戸勝り」とも呼ばれる繁栄を背景に隆盛し

輪島朝市

開催地:石川県輪島市河井町朝市通り
歴史:平安時代(重蔵神社などの祭礼日の物々交換)、室町時代には毎月4と9の付く日に開催
出店数:200店舗
開催日:正月三が日と毎月第2・第4水曜休み
名物:自家産の干物、「唐辛子の魔除け」、「えがらまんじゅう」、「いしるせんべい」など

輪島の朝市

輪島朝市

石川県輪島市の朝市通りで開かれるのが輪島朝市。神社の祭日ごとに立った物々交換の市が輪島の朝市のルーツといわれ、その歴史は1000年にも及ぶといわれ、千葉県の勝浦朝市、岐阜県の高山朝市とともに日本三大朝市にも数えられ、その規模では日本一ともい

高山朝市(陣屋前朝市・宮川朝市)

開催地:陣屋前朝市=岐阜県高山市八軒町、宮川朝市=岐阜県高山市下三之町
歴史:陣屋前朝市=江戸時代の高山別院境内「桑市」が起源、宮川朝市=昭和35年
出店数:陣屋前朝市=50店舗、宮川朝市=40~50店舗
開催日:年中無休
名物:「赤かぶ漬」、「朴葉餅」、「さるぼぼ」、みたらし団子、一位一刀彫など

陣屋前朝市

陣屋前朝市

岐阜県高山市、高山市街2ヶ所で開かれる朝市のひとつが陣屋前朝市。江戸時代に高山別院境内で始まった「桑市」を起源にもつという、飛騨高山の名物朝市のひとつ。養蚕業の不振から明治の半ばには野菜市となっています。通年に開催されるので、高山では早起き

宮川朝市

宮川朝市

岐阜県高山市、日本三大朝市に数えられる高山の朝市。歴史ある「陣屋前朝市」に対し、川沿いの風情と、店舗数を誇るのが、宮川沿いの宮川朝市。鍛冶橋から弥生橋まで宮川東岸の約350mの間に、およそ40~50軒もの白いテントの露店が横一列に並び、買い

日本三大朝市とは!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ