迦葉山弥勒寺で10年に一度の大開帳!

群馬県沼田市の迦葉山弥勒寺(迦葉山龍華院弥勒護国寺)。巨大な天狗のお面が飾られることでも有名な寺ですが、その中峯堂奥殿の厨子が10年ぶりに御開帳されます。御開帳期間中の2015年4月28日(火)〜5月28日(木)なら、108段の階段を上って、お天狗様を間近に拝むことができます。

天狗パワーにおすがりしよう!

「心静かに深山霊域に坐し、本来の自己を参究し、自他の差別を取り本来の面目を取り戻すところに絶対の自信と安心の世界が開かれるのである」(迦葉山龍華院弥勒護国寺)。
弥勒寺は848(嘉祥元)年創建の古刹で、1456(康正2)年に曹洞宗(禅宗)に転じています。高尾山薬王院、鞍馬寺と並ぶ「日本三大天狗」の一つ数えられ、中峯堂から天狗の面を借りて帰り、願いが成就したら、その面ともう一つ新しい天狗の面を奉納するというしきたりがあります。
愛宕山の「太郎坊」、秋葉山の「三尺坊」、鞍馬山の「僧正坊」(鞍馬天狗)、比叡山の「法性坊」、英彦山の「豊前坊」、筑波山の「法印坊」、大山の「伯耆坊」などなど全国の霊峰には、数多くの天狗崇拝が残されています。富士山の太郎坊も天狗の名前。京都の霊峰・鞍馬寺の護法魔王尊は、本名をサナトクラマ (サナートクマラ=Sanat Kumāra)といい、650万年前に金星からやってきた宇宙人だとされています。その化身が天狗というワケなのです。
つまり、天狗は、「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」を司っているのです。
鞍馬山や迦葉山に登り、宇宙との交信。ちょっぴりオカルト的な話ですが、霊山には今も計り知れないパワーが秘められています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ