「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」 国営ひたち海浜公園のネモフィラが満開!

「『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』にも選ばれた、茨城県を代表する超絶景が、国営ひたち海浜公園のネモフィラです」というのは、茨城県観光物産協会の話。『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』(三才ブックス)には、世界の絶景と並んで、日本国内からは、国営ひたち海浜公園(茨城県)、なばなの里(三重県)、雲海テラス(北海道)、河内藤園(福岡県)、竹田城跡(兵庫県)、真名井の滝(宮崎県)などが選ばれています。

ゴールデンウィークには満開に!

国営ひたち海浜公園ひたち公園管理センターによると、「ネモフィラは、例年4月下旬頃に満開になり、5月中旬頃まで楽しめます」とのこと。
ゴールデンウィーク中は、みはらしの丘一面が青く染まり、まさに「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に。
3.5haもの広大な丘に450万本のネモフィラが咲くのです。国営公園ならではの大スケール! 

例年、国営ひたち海浜公園ではネモフィラの開花期に「花めぐりスタンプラリー」を開催。
開花状況など詳しくは国営ひたち海浜公園ホームページで確認を。

国営ひたち海浜公園ネモフィラ
国営ひたち海浜公園ネモフィラ
国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園『コキアカーニバル』2018

2018.08.26
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ