陣屋前朝市

陣屋前朝市

岐阜県高山市、高山市街2ヶ所で開かれる朝市のひとつが陣屋前朝市。江戸時代に高山別院境内で始まった「桑市」を起源にもつという、飛騨高山の名物朝市のひとつ。養蚕業の不振から明治の半ばには野菜市となっています。通年に開催されるので、高山では早起きが必須!

素朴な飛騨言葉に触れる高山伝統の朝市

高山陣屋前の広場に大小50ほどのテントが並び、採れたての季節の野菜や果物、山菜、漬け物、花卉、餅、味噌、手作り民芸品などを販売。
また自家製のものだけを売るというルールがあり、赤かぶやナスなどの漬物も手作り。
注目の「赤かぶ漬」、「朴葉餅」などの餅類も店によって微妙に味が異なり、これが個性的で大人気。

慶応3年(1867年)頃に弥生橋詰、明治5年頃には中橋など転々と場所を変えながら開かれ、大正11年に高山陣屋前に移るとともに昼夜の野菜市が開かれるように(昭和16年頃、灯火管制で夜市は終焉)。
現在は早朝から始まり(4月〜12月は7:00〜、1月〜3月は8:00〜)、昼頃には店じまいするので注意が必要です。
種類豊富なのは早い時間、値引きを狙うなら店じまいする直前に訪れるのが賢明。

飛騨高山の朝市(宮川朝市、陣屋前朝市)は、千葉県勝浦市、石川県輪島市の朝市と並ぶ日本三大朝市に数えられています。

陣屋前朝市
名称 陣屋前朝市/じんやまえあさいち
所在地 岐阜県高山市八軒町
関連HP 陣屋前朝市公式ホームページ
電車・バスで JR高山駅から徒歩10分
ドライブで 高山清見道路(中部縦貫自動車道)高山ICから約5.5km。または、長野自動車道松本ICから約80km
駐車場 市営神明駐車場(55台/有料)、市営天満駐車場(104台/有料)など
問い合わせ 高山市観光課 TEL:0577-32-3333
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
宮川朝市

宮川朝市

岐阜県高山市、日本三大朝市に数えられる高山の朝市。歴史ある「陣屋前朝市」に対し、川沿いの風情と、店舗数を誇るのが、宮川沿いの宮川朝市。鍛冶橋から弥生橋まで宮川東岸の約350mの間に、およそ40~50軒もの白いテントの露店が横一列に並び、買い

高山陣屋

高山陣屋

岐阜県高山市八軒町、江戸時代に天領だった飛騨(ひだ)の代官・郡代所跡が高山陣屋。幕末には全国に60数ヶ所あった郡代・代官所ですが、現存するのは高山陣屋のみ(国の史跡)。陣屋とは、江戸時代に郡代・代官が治政を行なった場所で、役所や郡代(代官)

高山城(城山公園)

高山城(城山公園)

岐阜県高山市にある城山(標高686.1m)に築城された平山城が高山城。戦国時代から江戸時代前期の城跡で、城山公園(24.63ha)として整備されています。飛騨は、貴重な資源を産する地として、元禄5年(1692年)に天領(幕府直轄地)となって

勝浦朝市

勝浦朝市

千葉県勝浦市、勝浦漁港に近い市街地で開かれる朝市が勝浦朝市。石川県輪島市、岐阜県高山市と並んで日本三大朝市のひとつにも数えられています。勝浦朝市は、江戸時代から400年以上も続く歴史ある市。「勝浦三町江戸勝り」とも呼ばれる繁栄を背景に隆盛し

輪島の朝市

輪島朝市

石川県輪島市の朝市通りで開かれるのが輪島朝市。神社の祭日ごとに立った物々交換の市が輪島の朝市のルーツといわれ、その歴史は1000年にも及ぶといわれ、千葉県の勝浦朝市、岐阜県の高山朝市とともに日本三大朝市にも数えられ、その規模では日本一ともい

日本三大朝市

日本三大朝市とは!?

山の産物、海の産物を持ち寄り、神社の祭礼日などで物々交換したのが朝市の始まり。当初は六斎市などの定期市だったものが、通年行なわれるようになり、出店数も多いのが、勝浦朝市(千葉県)、輪島朝市(石川県)、そして高山朝市(陣屋前朝市・宮川朝市)で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ