弥富駅

弥富駅

金魚の養殖でも知られる愛知県弥富市にあるJR東海関西本線・名鉄尾西線の駅が弥富駅(やとみえき)。明治28年5月24日、関西鉄道の名古屋 – 前ヶ須(まえがす)間開通に伴い、前ヶ須駅として開業した歴史ある駅。「0m地帯」といわれる地にあり、駅の標高はマイナス0.93mで、日本で最も低い場所にある地上駅。

日本一低い場所にある地上駅

JR東海と名鉄の共同使用駅で、名鉄は普通列車のみ、JRは区間快速と普通列車が停車します。
近鉄名古屋線の近鉄弥富駅は100mほど離れた場所にありますが、名鉄、JR、近鉄の乗り換えが可能な駅は、名古屋駅と弥富駅のみ。
近鉄弥富駅の標高が公表されていないため、目下、この弥富駅が地上駅でもっとも低い場所にある駅になっています。

上の地形図で駅周辺の水部は金魚の養殖池です。

名称 弥富駅/やとみえき
所在地 愛知県弥富市鯏浦町中六178
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本一高い駅 VS 日本一低い駅

日本一高い駅 VS 日本一低い駅

JRで日本一高い駅(日本最高所の駅)は小海線野辺山駅。では、日本一低い駅(JR駅)はどこかといえば、これはあまり知られていませんが東京駅の京葉線ホームです。ところが、上には上が、下には下の駅があるもので、日本最高所の駅は、無軌条電車(トロリ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ