SKE48『羽豆岬』記念歌碑

SKE48『羽豆岬』記念歌碑

愛知県知多郡南知多町師崎、師崎港の先、知多半島の先端、羽豆岬(はずみさき)にあるのが、SKE48『羽豆岬』記念歌碑。平成25年7月4日に除幕された歌碑で、羽豆岬をモチーフにした楽曲が『羽豆岬』(作詞・秋元康、作曲・太田美知彦)で、SKE48にとって初めてのご当地ソングとなりました。

SKE48の聖地となった羽豆岬に立つ歌碑

平成22年7月にリリースされたSKE48の3rdシングル『ごめんね、SUMMER』の通常盤Bに収録されていたカップリング曲。

知多半島の先端・師崎(師崎)へと向かうバス、師崎、羽豆岬の展望台、羽豆岬の夕焼けなどが歌詞に盛り込まれた、夏の羽豆岬をテーマにしたご当地ソングです。

羽豆岬のある南知多町は羽豆神社でのミュージックビデオ(MV)を羽豆神社、歌唱メンバーが記念写真撮影するシーンを展望台で撮影したこともあって、『羽豆岬』リリース後、SKE48ファンを中心とした観光客が増加。
なかには遠く台湾から羽豆神社にやって来る人も。

すでにSKE48を卒業を発表していた平田璃香子(ひらたりかこ=チームSのリーダー)が「大切な曲」と公言したこともあって、「SKE48 リクエストアワー セットリストベスト50 2012~神曲かもしれない~」でも1位を獲得。
その追い風と、日本を代表する作詞家、秋元康氏の作品であることから、歌碑を岬に建立することになったのだとか。
羽豆岬は、絶景と釣りが楽しめるとして釣り人には人気ですが、師崎港で揚がる魚、美しい景観を目的に訪れる人も増えているのです。

羽豆岬の明神山には羽豆神社が鎮座し、羽豆神社の社叢(しゃそう)は天然記念物に指定されているほか、三河湾国定公園の特別保護区にもなっています。

ちなみにアイドルソングの歌碑は珍しく、森高千里のヒット曲『渡瀬橋』に次ぐ歌碑になります。
しかも「B面」の曲で歌碑が誕生には、SKE48が掲げる「地域密着・地域貢献」の活動テーマに沿ってご当地ソングとしての『羽豆岬』がリリースされたという背景があります。

偶然にも師崎まちづくり協議会が立ち上げの際に、『羽豆岬』がヒットしたことで、老朽化で立ち入り禁止にされていた展望台も再建され、歌碑の建立にもつながったのです。

SKE48『羽豆岬』記念歌碑
名称 SKE48『羽豆岬』記念歌碑/えすけーいーふぉーてぃーえいと「はずみさき」きねんかひ
所在地 愛知県知多郡南知多町師崎明神山
関連HP 南知多町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 名鉄河和駅で知多バスで師崎港下車、徒歩5分
ドライブで 南知多道路豊丘ICから約5km
駐車場 あり/有料
問い合わせ 南知多町観光協会 TEL:0569-62-3100
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ