室生寺・弥勒堂

室生寺・弥勒堂

「女人高野」として有名な奈良県宇陀市の室生寺(むろうじ)。安置される美しい仏像でも知られますが、弥勒菩薩立像(重文)を安置するのが金堂前庭に建つ弥勒堂(みろくどう)です。入母屋造り(いりもやづくり)、杮葺き(こけらぶき)、3間四方の建物は鎌倉時代の築で国の重要文化財。

安置される釈迦如来坐像は国宝

元々は南向きに建っていたものを室町時代に東向きに変え、江戸時代初期にも改築されています。

弥勒堂の本尊は、本尊弥勒菩薩立像(重文)ですが、その横に釈迦如来坐像を安置していますが、作風から平安時代前期(9世紀)のものと推測され、国宝。

修験道の開祖である役小角(えんのおづぬ)・神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)像が安置され、室生寺も役行者霊蹟札所(えんのぎょうじゃれいせきふだしょ=役行者ゆかりの三十六寺社の霊場巡礼)のひとつとなっています。

室生寺・弥勒堂 DATA

名称 室生寺・弥勒堂/むろうじ・みろくどう
Muroji Temple,Mirokudo Hall
所在地 奈良県宇陀市室生78
関連HP 室生寺公式ホームページ
電車・バスで 近鉄室生口大野駅から室生寺前行きバス終点下車、徒歩5分
ドライブで 名阪国道針ICから約16km
駐車場 室生寺駐車場(100台/有料)
問い合わせ TEL:0745-93-2003/FAX:0745-93-2057
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

室生寺

2018.04.12

室生寺・本堂(灌頂堂)

2018.04.11

室生寺・五重塔

2018.04.11

室生寺・金堂

2018.04.11

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ