奥入瀬渓流(石ヶ戸)

奥入瀬渓流(石ヶ戸)

青森県十和田市、奥入瀬渓流が最大のカーブを描く景勝地のひとつで、川辺には地名の由来となった巨大な岩を2本のカツラの大木が支える岩屋、石ヶ戸(いしけど)があります。石ヶ戸とは岩屋を意味する方言。その昔、美人盗賊「鬼神のお松」がここを根城に、旅人から金品を奪ったという伝説が残されています。

石ヶ戸を起点に奥入瀬渓流ハイキングに出発!

石ヶ戸は、板状節理で削り取られた溶結凝灰岩の巨石(厚さ1m、長さ10m)が2本のカツラの巨木に支えられ、岩屋を形成するもの。
駐車場と「石ヶ戸休憩所」があり、奥入瀬渓流で唯一の売店で、十和田湖畔の子の口(ねのくち)まで、全長9kmの奥入瀬渓流ハイキングの焼山側入口となっています。
「石ヶ戸休憩所」では、山の芋そば、チャーシューメンなどの軽食、コーヒー(夏は水出しアイスコーヒー)、ソフトクリームなども用意。
近くの渓流は、撮影スポットになっているほか、水遊びにも絶好です。

奥入瀬渓流(石ヶ戸)
石ヶ戸休憩所

美人盗賊「鬼神のお松」と石ヶ戸

奥入瀬渓流(石ヶ戸)
歌川豊国の錦絵『見立三幅対』に描かれた「鬼神のお松」

「鬼神のお松」(きじんのおまつ)は、嘉永6年(1853年)に売り出された歌川豊国の錦絵『見立三幅対』(みたてさんぷくつい)で、石川五右衛門、児来也(じらいや)と並び「日本三大盗賊」のひとりとして描かれる女盗賊。

江戸・深川の遊女で、仙台藩士の立目丈五郎に見初められ、江戸から仙台に移り住んだともいわれますが、架空の人物というのが通説(「日本三大盗賊」の逸話はほとんど史実ではありません)。

石ヶ戸では、行き倒れを装い、介抱してくれた男の隙をみて短刀で刺し殺すという、お松の毒牙にかかった男が48人いたという、具体的な数まで残されていますが、その伝承がいつ頃生まれたのかも定かでありません。

奥入瀬渓流(石ヶ戸)
名称 奥入瀬渓流(石ヶ戸)/おいらせけいりゅう(いしげど)
所在地 青森県十和田市奥瀬
関連HP 十和田湖国立公園協会公式ホームページ
電車・バスで JR青森駅からJRバス十和田湖行き「みずうみ号」で2時間7分、石ヶ戸下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道小坂ICから約47km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 十和田湖国立公園協会 TEL:0176-75-2425
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
阿修羅の流れ

阿修羅の流れ

明治の文豪、大町桂月(おおまちけいげつ)が「幽渓の寂漠を破って壮観比なし」と記した奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)を代表する景観が阿修羅の流れ(あしゅらのながれ)。大町桂月はとくに阿修羅の流れ上流の「川千島」を奥入瀬渓流の4つの滝、御倉半島

銚子大滝

十和田湖を源流とし、東北屈指の渓谷美を誇る奥入瀬渓流の本流(奥入瀬川)にかかる唯一で最大の滝が銚子大滝。十和田湖に遡上する魚を拒み続けることから魚止めの滝とも呼ばれてきました。落差は7mですが、幅が20mもあり実にダイナミック。奥入瀬渓流本

泊まって納得! 取材班おすすめの八甲田・奥入瀬の宿は!?

八甲田・奥入瀬というと歴史ある温泉もありますが、ひとつの注目は、青い森という美しい森。
その森の雰囲気を活かした国内最大級の洋風ログ木造建築のリゾートホテルが「八甲田ホテル」で、まずはここをぜひ候補に加えてください。
温泉旅館でいえば、やはり「蔦温泉旅館」は候補の筆頭です。
ホテル城ヶ倉などを経営する城ヶ倉観光のグループで、大町桂月ゆかりの宿の歴史を守っています。
「酸ヶ湯温泉旅館」は、国民保養温泉地の栄えある第1号の温泉地で、千人風呂は有名。
最近では温泉力を実感するために湯治棟を選んでの「プチ湯治体験」も人気です。

八甲田ホテル

リゾートホテルですが、実は酸ヶ湯温泉と同一経営。
「八甲田の自然に抱かれた贅沢な時間」というホテルのフレーズは必ずしも誇張ではありません。
温泉や客室からの眺めは一面ブナの森。
夕食は八甲田キュイジーヌと和会席を選択できます。

蔦温泉旅館

蔦七沼散策の拠点に位置する老舗宿。
明治の文豪・大町桂月終焉の地でもありますが、城ヶ倉観光グループの翼下となって、リニューアルが進んでいます。
吉田拓郎の名曲『旅の宿』は、作詞家・岡本おさみが旧別館66号室に泊まった時のイメージを詩に綴ったもの。本館2階の66号室など、昭和レトロな客室から、モダンな特別室まで、好みで選ぶことができます。

酸ケ湯温泉旅館

酸ケ湯といえば総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」。
混浴が基本ですが、宿泊すれば女性専用時間にのんびりと入浴することも可能です。
もちろん男女別の玉の湯も用意。
部屋も食事も旅館部、湯治部で選択可能です。
旅館部のイ棟(いむね)は部屋食もOK。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ