【夏季】熱海海上花火大会|2019

【夏季】熱海海上花火大会

2019年7月26日(金)、7月30日(火)、8月5日(月)、8月8日(木)、8月18日(日)、8月23日(金)、8月30日(金)/20:20~20:50、静岡県熱海市で『【夏季】熱海海上花火大会』が行なわれます。昭和27年創始の熱海海上花火大会。8月5日は、熱海市観光協会主催の花火大会で、毎年同日の開催。

夏休みに熱海に泊まるなら、まずは花火大会をチェック!

【夏季】熱海海上花火大会

昭和24年の「キティー台風」、昭和25年の「熱海駅前火災」などからの復興として始まった花火大会。今では熱海名物として定着しています。
現在、『熱海海上花火大会』は、春、夏、秋、冬の春夏秋冬開催されています。

とくに夏は合計7回と開催数も多く、熱海に泊まってのんびりと楽しむのが最高です。

「打ち上げ会場となる熱海湾をアルプススタンド状に市街地が取り囲み、花開くたびに響く迫力の音響が自慢。
しかもビーチでゆったりと寝ころんでご覧になれます」(熱海市観光経済課観光推進室)とのこと。

打ち上げ場所は、熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)。
観覧場所はサンビーチ海水浴場~熱海港まで海岸線一帯となります。

「親水公園など、海の近くでご覧いただくと、大きな単発の打ち上げ花火や大空中ナイアガラは、体にまで音が伝わってきます。見るだけでなく、体感していただく花火です」とPRしています。

7月・8月・9月に、熱海湾で開催の『熱海海上花火大会』は、熱海温泉ホテル旅館協同組合加盟施設に宿泊する宿泊客様専用の観覧スペースが設けられています(伊豆山温泉・伊豆湯河原温泉の旅館組合用の観覧スペースは7月・8月分のみ)。

花火打上げの真正面に位置する有料観覧席も用意

なお、7月〜9月に、熱海湾で打ち上げられる『熱海海上花火大会』は、有料観覧席が設けられます。
親水公園第二工区の海側部分を仕切り、エリア内をフリースペースとしたもの。
エアクッション(入場時に配布)を地面に敷いて座るスタイルです(指定席や椅子の用意はありません)。
ここが花火打上げの真正面に位置するベストポジションです。
全国のセブンイレブン店頭にあるマルチコピー機にて開催当日15:00まで購入可。

【夏季】熱海海上花火大会|2019
開催日時 2019年7月26日(金)、7月30日(火)、8月5日(月)、8月8日(木)、8月18日(日)、8月23日(金)、8月30日(金)/20:20~20:50
所在地 静岡県熱海市東海岸町
場所 サンビーチ海水浴場~熱海港まで海岸線一帯
関連HP 熱海市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR熱海駅から徒歩15分
駐車場 市営東駐車場(320台)/有料
問い合わせ 熱海市観光協会 TEL:0557-85-2222
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

熱海の夜は、「ムーンライトビーチ」を散歩!

熱海温泉街の目の前に広がる熱海サンビーチ。7月〜8月は海水浴客で大賑わいですが、実は、通年、毎夜素敵なライトアップが行なわれています。月明かりを浴びながらの散歩を!それが、「日本初」という砂浜のライトアップ。熱海サンビーチの背後には親水公園

熱海海上花火大会

【春季】熱海海上花火大会|2019

2019年3月31日(日)、4月20日(土)、5月11日(土)、5月26日(日)、6月16日(日)、6月29日(土)/20:20~20:45、静岡県熱海市で『(春季)熱海海上花火大会』が行なわれます。昭和27年から始まった熱海海上花火大会。

【秋季】熱海海上花火大会

【秋季】熱海海上花火大会|2019

2019年9月16日(月・祝)20:20~20:45、静岡県熱海市で『【秋季】熱海海上花火大会』が開催されます。昭和27年から始まった熱海海上花火大会。春夏秋冬の四季に合わせて開催されていますが、秋季は敬老の日(9月の第3月曜)の1日限り。

【冬季】忘年熱海海上花火大会

【冬季】忘年熱海海上花火大会|2019

2019年12月8日(日)、12月15日(日)/20:20~20:45、静岡県熱海市で『【冬季】忘年熱海海上花火大会』が開催されます。春夏秋冬と四季行なわれる熱海海上花火大会ですが、12月の花火大会は毎年、「忘年」と銘打って行なわれる年忘れ

熱海海上花火大会

熱海海上花火大会|2020

昭和27年に始まった歴史ある花火大会が『熱海海上花火大会』。春、夏を中心に、秋、冬にも行なわれ、12月には『忘年熱海海上花火大会』と銘打っています。フィナーレをを飾る「大空中ナイアガラ」の美しさ、そしてすり鉢状の熱海ならではの轟音をぜひ体験

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ