酪農資料館

酪農資料館

千葉県南房総市にある「千葉県酪農のさと」内にあり、酪農歴史や牧場、乳文化を解説紹介する資料館が、酪農資料館。展示室は3つにわかれ、世界の酪農史や乳製品を作る道具を紹介する第1展示室、乳牛と牧場に関する展示を行う第2展示室、日本の酪農と、千葉県の酪農の歴史と現在を紹介する第3展示室があります。

日本の酪農発祥の地を学ぶ

酪農資料館

酪農資料館の第1展示室は「乳文化の源泉を探る」、第2展示室「乳牛と牧場」、そして第3展示室が「牛の国 乳の里 安房・千葉」で、企画展も随時開催されています。
ファミリーで夏休みの自由研究などで訪れる人も多いとか。

嶺岡地域(現在の南房総市大井)は日本の酪農発祥の地。
戦国時代には里見氏の軍馬の育成する牧場があり、江戸時代には幕府直轄の牧場に。
徳川幕府8代将軍・徳川吉宗が輸入した白牛からバターのような白牛酪を生産し、将軍に献上、さらには庶民にも販売したことから、一帯には酪農が根付き、「チッコカタメターノ」(出荷することができない初乳を固めたもの)という郷土料理があります。

酪農資料館
酪農資料館
名称 酪農資料館/らくのうしりょうかん
所在地 千葉県南房総市大井686
関連HP 千葉県酪農のさと公式ホームページ
電車・バスで JR安房鴨川駅からタクシーで20分
ドライブで 富津館山道路鋸南富山ICから約17km
駐車場 110台/無料
問い合わせ 千葉県酪農のさと TEL:0470-46-8181/FAX:0470-46-8182
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
千葉県酪農のさと

千葉県酪農のさと

千葉県南房総市大井にある千葉県酪農のさとは、「日本酪農発祥の地」に整備された牧場。3.5haの敷地に広大な芝生広場やヤギの放牧地、散策路や水遊びが楽しめる親水公園が配されています。「日本酪農発祥の地」とされるのは、江戸時代、徳川吉宗の命で白

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ