2月20日【今日は何の日?】

2月20日は、愛媛県の県政発足記念日。明治6年2月20日、石鉄県(いしづちけん)と神山県(かみやまけん=愛媛県南予地方)が合併して愛媛県が誕生しました。岩手県奥州市、山梨県中央市が誕生した日、男子普通選挙の日、旅券の日、交通事故死ゼロを目指す日、そして「ふう(2)ふ(2)円満(0)」の日。

県政発足記念日(愛媛県)

明治6年2月20日、石鉄県と神山県が合併して愛媛県が誕生(太政官布告第60号)。
昭和48年に最初の記念行事が行なわれ、「愛媛県章」「愛媛の歌」が制定されました。
TOPの画像は映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地ともなった愛媛県庁。

愛媛県庁本館

2018.02.10

2月20日生まれの有名人は?

女優で女剣劇浅香流家元・浅香光代、野球殿堂入りの長嶋茂雄、イラストレーター・山藤章二、落語家・三遊亭圓龍、プロレスのアントニオ猪木、漫画家・小山ゆう、エッセイスト・林望、ミュージシャン・ばんばひろふみ、タレント・志村けん、漫画家・美内すずえ、ジャーナリスト・有田芳生、比較文化論の四方田犬彦、俳人・長谷川櫂、漫画家・田中しょう、女優・かとうかず子、俳優・モロ師岡、タレント・迫文代、ミュージシャン・真島昌利、タレント・中島めぐみ、コラムニスト・清水ちなみ、歌手・遊佐未森、女優のシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)、女優・いしのようこ、女優・渡辺梓、お笑い芸人・西尾季隆、女優・吉野真弓、女優・佐久間雅子、タレント・森田剛、俳優・井澤健、漫才師(NON STYLE)・石田明、声優・中村悠一、俳優・小出恵介、タレント・矢部美希と多士済々。
 

2月20日生まれの誕生花は?

カルミア、チューリップ(白)

後鳥羽上皇、隠岐で没す

延応元年(1239年)2月20日、後鳥羽上皇は配所の隠岐で崩御。
隠岐に流される直前に出家して法皇となっているので、正しくは後鳥羽法皇です。
隠岐の海士町には後鳥羽上皇御火葬塚が残されています。

奥州市誕生

平成18年2月20日、岩手県水沢市・江刺市、胆沢郡前沢町・胆沢町・衣川村が合併し、奥州市が誕生。

中央市誕生

平成18年2月20日、山梨県中巨摩郡玉穂町・田富町・東八代郡豊富村が合併して中央市が発足。

男子普通選挙の日

昭和3年2月20日、第16回衆議院議員総選挙の際に男子25歳以上で実施(日本で初めての男子普通選挙)。

アレルギーの日

免疫学者の石坂公成・照子夫妻が、ブタクサによる花粉症の研究からアレルギーを起こす原因となる免疫グロブリンE(lgE)を発見。昭和41年2月20日、米国のアレルギー学会で発表。
これを記念して日本アレルギー協会が制定し、その前後1週間(毎年2月17日~23日)を「アレルギー週間」として様々な活動を行なっています。

旅券の日

明治11年2月20日に「海外旅券規則」が外務省布達第1号として制定され、「旅券」という言葉が初めて法令上使われました。これを記念して外務省が制定。
例年、旅券の日前後の期間に外務省は「海外安全・パスポート管理 促進キャンペーン」を実施しています。

交通事故死ゼロを目指す日

日本政府が「生活安心プロジェクト」の一環として、2月20日、4月10日・9月30日を「交通事故死ゼロを目指す日」に制定しています。

夫婦円満の日

「ふう(2)ふ(2)円満(0)」の語呂合わせから、「こいまろ茶」を販売する京都府宇治田原町の株式会社宇治田原製茶場が制定。

尿もれ克服の日

「尿(2)も(too=2)れ(0)」と読む語呂合わせから、尿もれを克服した人たちで結成した元患者の団体「ひまわり会」が制定。

丸ノ内ビルヂング竣工

大正12年2月20日、丸ノ内ビルヂング竣工。平成14年9月6日、地上180m、37階建てビルとなってリニューアルオープン。

多喜二忌

プロレタリア作家・小林多喜二は昭和8年2月20日没。
秋田県北秋田郡下川沿村(現・大館市)出身。
小樽商業学校から小樽高等商業学校(現・小樽商科大学)へ進学。
卒業後、北海道拓殖銀行(拓銀)小樽支店に勤務。
特高警察のスパイ・三船留吉のおとり捜査により逮捕され、築地警察署内で特高警察の拷問を受けて死亡。
小林死亡時の責任者は特高警察部長だった安倍源基。
墓所は小樽市営奥沢墓地。


 

明日は何の日? 昨日は何の日?

2月21日【今日は何の日?】

2016.02.20

2月19日【今日は何の日?】

2016.02.18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ