愛媛県庁本館

愛媛県庁本館

愛媛県庁本館は4代目の庁舎として昭和4年に建てられ、都道府県庁舎としては全国で3番目に古い建物。設計は木子七郎(きごしちろう)。国の重要文化財に指定の萬翠荘(旧・久松伯爵本邸)、登録有形文化財の石崎汽船、旧新田邸(現・松山大学温山記念会館)、鍵谷カナ頌功堂など松山市内に名建築を数多く残し、しかも現存しています。

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケにも使用

愛媛県庁本館
3階にある貴賓室

会議室の上にドーム状の屋根がのり、シンメトリーとなった和洋折衷の建物。
正面玄関の車寄せと1階部分は御影石張りになっています。
大沢たかお、柴咲コウ主演の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』(平成16年公開)のロケ地(病院の廊下の設定)にもなっています。

廊下などの見学は可能ですが、室内見学希望の場合は、前日16:00までに予約が必要。

ちなみに現役都道府県庁舎の古い順ベスト3は、大阪府庁(大正15年築)、神奈川県庁(昭和3年築/塔屋は横浜三塔のひとつ「キングの塔」)、そして愛媛県庁(昭和4年築)。

愛媛県庁本館 DATA

名称 愛媛県庁本館/えひめけんちょうほんかん
Ehime prefectural office main building
所在地 愛媛県松山市一番町4-4-2
関連HP 愛媛県公式ホームページ
電車・バスで 伊予鉄道松山市駅から徒歩15分。JR松山駅から徒歩20分。または市内電車道後温泉行きで県庁前下車
ドライブで 松山自動車道松山ICから約6km。松山空港から約7km
駐車場 県庁西駐車場(83台)、県庁構内駐車場(50台)/無料
問い合わせ 愛媛県広報広聴課TEL:089-912-2240
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

神奈川県庁本庁舎

2017年11月17日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ