1月7日【今日は何の日?】

1月7日は七種粥(七草がゆ)。ラジオドラマ『赤胴鈴之助』放送開始の日、長尾寺『大会陽』(さぬき市)、崇禅寺『七草粥会』(桐生市)、中島海岸『ぼん天立て』(木更津市)、菅原神社『流鏑馬神事』(君津市)、京の花街・島原などで人気だった夕霧太夫(初代)の没日で夕霧忌。聖徳太子の千円札(B号券)発行は昭和25年の1月7日。

『赤胴鈴之助』放送開始

昭和32年1月7日、ラジオ東京(現・TBSラジオ)でラジオドラマ『赤胴鈴之助』の放送開始(全42回)。
公募で選ばれた当時小学生の吉永小百合(千葉さゆり役)や藤田弓子(しのぶ役)が出演。
主題歌『赤胴鈴之助の歌』(剣をとっては 日本一に 夢は大きな 少年剣士♪)は、作詞・藤島信人、作曲・金子三雄、歌・河野ヨシユキ、宮下匡司、上高田少年合唱団。

七種粥(七草がゆ)

1月7日の朝にセリ(芹)、ナズナ(薺)、ゴギョウ(御形=母子草)、ハコベラ(繁縷)、ホトケノザ(仏の座=小鬼田平子/キク科)、スズナ(菘=蕪)、スズシロ(蘿蔔=大根)の「春の七草(七種)」を具材とする粥(かゆ)を味わい、その一年の無病息災を願う風習。
正月最初の子の日に野原に出て若菜を摘む風習があったことがルーツ。

崇禅寺『七草粥会』|桐生市

群馬県桐生市の崇禅寺(そうぜんじ)で『七草粥会』を開催。

崇禅寺『七草粥会』

崇禅寺『七草粥会』|桐生市

2019年1月2日

長尾寺『大会陽』|さぬき市

香川県さぬき市の四国八十八ヶ所霊場第87番札所・長尾寺で福餅を争奪する「福奪」、そして巨大鏡餅をどれだけ持ち運べるかを競う「力餅運搬競技大会」が行なわれる『大会陽』(だいえよう)を開催。

長尾寺『大会陽』

長尾寺『大会陽』(さぬき市)

2018年12月31日

中島海岸『ぼん天立て』|木更津市

木更津市の中島海岸で『ぼん天立て』が行なわれます。
毎年、1月7日未明(日の出時刻)、中島区の若衆たちが掛け声も勇ましく厳寒の海へ飛び込んで、5m余りの孟宗竹の先に御幣(ごへい)を付けた「梵天」を海中に立てるという勇壮な行事。
国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選定。

中島海岸『ぼん天立て』

中島海岸『ぼん天立て』|木更津市

2019年1月3日

菅原神社『流鏑馬神事』|君津市

千葉県君津市の菅原神社で『流鏑馬神事』(やぶさめしんじ)。元禄年間(1688年~1704年)、時の領主が祭祀料を供進し、流鏑馬の神事を行ない、武道を奨励し、五穀豊穣を祈願した事が始まりと伝わる歴史ある神事です。

菅原神社『流鏑馬神事』

菅原神社『流鏑馬神事』|君津市

2019年1月3日

夕霧忌

京の花街・島原と大坂の新町廓で人気だった夕霧太夫(初代)は、延宝6年1月7日(1678年2月27日)没。
夕霧とその情人・藤屋伊左衛門とを主人公とする近松門左衛門の浄瑠璃『夕霧阿波の鳴渡』(夕霧の三十三回忌に執筆)など浄瑠璃・歌舞伎などの作品が多く作られ、「夕霧忌」として俳句の季語にもなっています。
墓所は大阪の浄国寺(大阪市天王寺区下寺町1-2-36)、京都の清涼寺。

清凉寺

清凉寺

2017年12月29日

聖徳太子の千円札(B号券)発行

昭和25年1月7日、聖徳太子の肖像画を使って千円札(B号券)が発行されました。
印刷技術の向上により偽造が多くなったため、昭和38年11月1日に伊藤博文の肖像を用いたC号券が発行されました。
その後、夏目漱石のD号券、現在の野口英世のE号券と続きます。

201512260102

1月7日生まれの有名人は?

作家の山崎朋子、歌舞伎の5代目片岡我當、俳優・柳生博、女優・吉田日出子、歌手・水木一郎、俳優・ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)、お笑い芸人・住田隆、女優・彩輝なお、女優・高橋由美子、歌手・菅崎茜ほか。

1月7日生まれの誕生花は?

チューリップ、エリシムム(蝦夷すずしろ)、雪割草
 

明日は何の日? 昨日は何の日?

1月8日【今日は何の日?】

2015年12月26日

1月6日【今日は何の日?】

2015年12月25日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ