住吉大社『白馬神事』|大阪市

住吉大社『白馬神事』

毎年1月7日11:00~、大阪市の住吉大社で『白馬神事』(あおうましんじ)が行なわれます。国家安泰を祈る祝詞を奏上した後に2名の神職とともに、神馬「白雪号」が各本宮を巡拝。さらに第一本宮~第四本宮の周囲を駆け廻る神事。正月に白馬(あおうま)を見ると邪気を払いその年の無病息災が約束されると言い伝えられています。

朱印、竹駒守を限定授与

住吉の神馬(通常は杉谷乗馬クラブが育成)は、純血種道産子馬で赤い目をもつ珍しい白馬。
年の初めに白馬を見ると邪気が祓われるとの伝承も。
白馬神事当日のみ限定授与している朱印やお守り(竹駒守)もお見逃しなく。

ちなみに1月10日は、市戎大国社例祭『えべっさん』、1月12日が若宮八幡宮例祭『湯立神事』、1月13日『御結鎮神事』(みけちしんじ=お弓始め)など、神事が続いています。

住吉大社『白馬神事』|大阪市
開催日時 毎年1月7日11:00~
所在地 大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
場所 住吉大社
関連HP 住吉大社公式ホームページ
電車・バスで 阪堺電気軌道阪堺線(路面電車)住吉鳥居前駅からすぐ、住吉公園駅から徒歩2分。南海本線住吉大社駅から徒歩3分、南海高野線住吉東駅から徒歩5分
ドライブで 阪神高速15号堺線玉出出口から約2.7km
駐車場 南駐車場(200台/有料)
問い合わせ TEL:06-6672-0753/FAX:06-6672-0110
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
住吉大社

住吉大社

大阪市住吉区に鎮座する住吉大社は、社伝によれば、神功皇后が朝鮮半島の新羅に出兵した際に住吉三神を祀ったことに始まるという古社。全国2300の住吉社の総本社で摂津国一の宮にもなっています。古代の大阪港である住吉津、難波津からの航海を守る神様で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ