3月17日【今日は何の日?】

3月17日は、『アジア太平洋博覧会』開催、漫画週刊誌の日(『少年マガジン』『少年サンデー』創刊)、名鉄の前身となる名古屋電気鉄道株式会社設立、もうひとつ現在の名鉄絡みで瀬戸電気鉄道大曽根〜瀬戸間が電化した日、宇治山田駅開業、徳川家康太政大臣任命の日となっています。そして、アイルランドではセント・パトリック・デー。

『アジア太平洋博覧会』開催

平成元年3月17日〜9月3日、福岡市早良区百道浜(ももちはま)および中央区地行浜(じぎょうはま)一帯の臨海埋め立て地で、『アジア太平洋博覧会』(通称:よかトピア)開催されました。
シンボルタワーとして福岡タワーが3月17日に開業。

福岡タワー

2017年11月3日

漫画週刊誌の日(『少年マガジン』『少年サンデー』創刊)

昭和34年3月17日、日本初の少年向け週刊誌『少年マガジン』(講談社)、『少年サンデー』(小学館)が創刊。

セント・パトリック・デー

アイルランドの守護聖人セント・パトリックの祝日。アイルランドの国花・三つ葉のクローバーがシンボル。この日にシンボルカラーの緑色のものを身につけていると幸せになれるのだとか。

3月17日生まれの有名人は?

テレビディレクター『ふぞろいの林檎たち』・鴨下信一、声優・伊藤牧子、女優・山本陽子、女優・松尾嘉代、マジック漫談のマギー司郎、作曲家・村松邦男、女優・寿ひずる、俳優・伊藤洋三郎、俳優・春田純一、シンガーソングライター・遠藤響子、ミュージシャン・甲本ヒロト、俳優・渡辺航、俳優のロブ・ロウ(Rob Lowe)、タレント・SHIHO、歌手・新田恵利、女優・万理沙ひとみ、棋士・郷田真隆、俳優・伊崎充則、ラジオパーソナリティ・都竹悦子、声優・堀田勝、お笑い芸人(オリエンタルラジオ)・藤森慎吾、女優・長渕文音、女優・早見あかりほか。

名古屋鉄道設立

名鉄の前身となる名古屋電気鉄道株式会社(名古屋電氣銕道株式會社)は、明治27年3月17日に設立。
当初の社名は愛知馬車鉄道株式会社(愛知馬車銕道株式會社)でした。

明治19年、東海道線の開業に向けて建設物資を運ぶため武豊(武豊港)〜熱田に鉄道が敷設され、さらに名古屋市域の西端につくられた名古屋駅まで延伸しますが、名古屋駅と県庁のある名古屋城周辺とを結ぶ馬車鉄道の開業が急務となりました。

明治31年5月6日に路面電車として笹島町〜愛知県庁門前が営業を開始しました。
大正10年、市内線の市営化が決定し、郊外線部門を引き継ぐかたちで、現在の名鉄が誕生しています。

名鉄

瀬戸電気鉄道大曽根〜瀬戸間が電化

明治40年3月17日、瀬戸電気鉄道大曽根〜瀬戸間の電車運転が始まります。
これによって「瀬戸電」(せとでん)が誕生します。
前身は、瀬戸物の貨物輸送なども行なうために明治38年4月2日に開業した瀬戸自動鉄道です。
開業当初は中央線の大曽根駅に接続していました。
明治44年10月1日に名古屋城の外堀を利用して、堀川駅まで延伸しています。

日蓮、柏崎に漂着

佐渡配流を赦免となった日蓮は、寺泊に向かいますが文栄11年(1274年)3月15日、現在の柏崎市の番神岬に漂着しています。

日蓮聖人着岸の地・番神岬

日蓮聖人着岸の地・番神岬

2018年7月9日
番神堂

番神堂

2018年7月9日

3月17日生まれの誕生花は?

豆の花、ルピナス、連翹(レンギョウ)

徳川家康太政大臣に

元和2年(1616)3月17日、徳川家康は太政大臣(だいじょうだいじん)に任ぜられました。
慶長16年に伝奏・広橋大納言を通じて、後陽成天皇から家康に太政大臣任命の内示がありましたが、家康は則闕の官だかららと任官を拒否していました。
太政大臣は、律令時代における朝廷の最高職で、江戸時代には形骸化し、名誉職となっていました。
武家官位としての太政大臣就任は、徳川家康、徳川秀忠、征夷大将軍在職40周年を数えた徳川家斉の3人のみ。

宇治山田駅開業

昭和6年3月17日に参宮急行電鉄線(後に近鉄に吸収)の終着駅、伊勢神宮の玄関駅として建設された宇治山田駅が開業。
現在も開業時の駅舎が残され、国の登録有形文化財に指定されています。

宇治山田駅

宇治山田駅

2018年10月4日

明日は何の日? 昨日は何の日?

3月18日【今日は何の日?】

2016年3月5日

3月16日【今日は何の日?】

2016年3月4日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ