関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)

関門海峡に臨む門司港レトロ地区の中心施設となっているのが関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)。施設のテーマは「海峡」で、関門海峡にまつわる歴史や文化、自然など、関門海峡をあらゆる角度から紹介しています。つまりは、関門海峡の過去・現在を五感で感じられるミュージアムということに。

「海峡レトロ通り」で大正時代の門司港にタイムトリップ

音や照明、映像を駆使して海峡を古代から現在へと空間移動しているような気分が味わえる「海峡アトリウム」(2階〜4階まで続く吹き抜けの空間/有料展示ゾーン)や、大正時代の門司港の街並みを再現した「海峡レトロ通り」(1階〜2階/無料ゾーン)、人形絵巻で歴史ドラマを綴った「海峡歴史回廊」(3階/有料展示ゾーン)などがあって、楽しく関門海峡の歴史をマスターできます。

関門海峡の今の情報をキャッチできるリアルタイム関門海峡(4階/有料展示ゾーン)では、関門海峡の航行を本格的なシミュレーションで体験でき、子供から大人まで楽しめるような仕組みに。

子供向けには海中をイメージしたネット遊具の「海峡こども広場」(2階〜4階まで続く吹き抜けの空間/有料)もあり、高さ10mの空間を自由に移動して遊ぶことが可能です。

1階の「海峡レトロ通り」は、土産店なども入居し、古き門司港を体感しながらバナナカステラを購入したり、焼カレーを味わうことができますから、ここだけでも入場する価値はあります。

5階にはふく料理の専門店も入居。

関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ) DATA

名称 関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)/かんもんかいきょうみゅーじあむ(かいきょうどらましっぷ)
所在地 福岡県北九州市門司区西海岸1-3-3
関連HP 門司港レトロ倶楽部公式ホームページ
電車・バスで JR門司港駅から徒歩5分
ドライブで 関門自動車道門司港ICから約2.9km
駐車場 200台(関門海峡ミュージアム駐車場)/有料
問い合わせ TEL:093-331-6700
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本三大潮流とは!?

2018年12月5日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ