松山城・太鼓櫓

松山城の本丸南西の櫓(やぐら)で戸無門下から見上げると石垣の上に屹立しているのが太鼓櫓。大手方面を一望する展望的な櫓で、いざという時に太鼓を鳴らしたのでその名があります。

大手側を一望する防御の拠点は昭和48年の復元

戸無門下から見上げる太鼓櫓

西側から太鼓櫓・太鼓門西塀・太鼓門南続櫓、太鼓門・太鼓門北続櫓・巽櫓と高さ6.9mの石垣の上に一線に構築され、本丸南腰郭に侵入してくる敵に備える防御的な構造に注目を。

太鼓櫓と太鼓門との間にある24.41mの渡塀には鉄砲狭間16ヶ所、石落し3ヶ所が配されるという実戦的な構造。
昭和20年7月26日のB29の大編隊による松山空襲で、当時の国宝だった天神櫓、太鼓門一帯、乾門一帯を焼失し、現在の太鼓楼は、昭和48年の再建(木造建築)。

左から太鼓櫓、太鼓門西塀、太鼓門南続櫓

 

松山城・太鼓櫓 DATA

名称 松山城・太鼓櫓/まつやまじょう・たいこやぐら
所在地 愛媛県松山市丸之内1
関連HP 松山市城山公園ホームページ
電車・バスで JR松山駅から道後温泉行き伊予鉄道市内電車で10分、大街道下車、徒歩5分
ドライブで 松山自動車道松山ICから約6kmで松山市二番町駐車場
駐車場 224台(松山市二番町駐車場)/有料、ロープウェイ・リフトを利用の場合は松山城駐車場(64台/有料)が至近
問い合わせ 松山城総合事務所TEL:089-921-4873
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ