高千穂鉄道・槇峰駅跡

高千穂鉄道・槇峰駅跡

宮崎県西臼杵郡日之影町、高千穂鉄道高千穂線の駅跡が、槇峰駅跡(まきみねえきあと)。昭和12年9月3日、国有鉄道日ノ影線・川水流駅〜槇峰駅間の延伸で開業した駅。平成20年12月28日、平成17年の台風14号による被害のため、槇峰駅~高千穂駅間の廃線に伴い廃駅となっています。

槇峰鉱山の鉱石搬出駅としても賑わった時代も

高千穂鉄道・槇峰駅跡

平成元年4月28日、JR日ノ影線は、第三セクターの高千穂鉄道へ移管されますが、平成17年9月6日、台風14号による増水で第一五ヶ瀬川橋梁、第二五ヶ瀬川橋梁が流失するなど大きな被害を受け、復旧を断念。
廃線となり、槇峰駅も廃駅になっています。

日本有数の銅山だった槇峰鉱山(明治22年には三菱の鉱山になり、最盛期には槙峰の山中 5000人が暮らしていました)があったため、鉱石の運搬もあって槇峰駅には交換設備、側線を有していましたが、昭和42年の鉱山閉山後は側線も廃されていました。

槇峰駅跡近くには国道218号に架かる槇峰大橋などもあるほか、旧綱ノ瀬橋梁は昭和12年に完成した全長418mの鉄道橋で、鉄筋コンクリートの大アーチ1連と、無筋コンクリートアーチ42連で構成される美しい橋です。

高千穂鉄道・槇峰駅跡
高千穂鉄道・槇峰駅跡
名称 高千穂鉄道・槇峰駅跡/たかちほてつどう・まきみねえきあと
所在地 宮崎県西臼杵郡日之影町七折
ドライブで 延岡道路延岡ICから約21km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 日之影町観光協会 TEL:0982-78-1021/FAX:0982-78-4168
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高千穂鉄道・第三五ヶ瀬川橋梁

高千穂鉄道・第三五ヶ瀬川橋梁

宮崎県西臼杵郡日之影町、高千穂鉄道高千穂線(平成20年12月廃線)の日向八戸駅~吾味駅間にある五ヶ瀬川をまたぐ鉄道橋梁が、第三五ヶ瀬川橋梁。国の重要文化財、土木学会の選奨土木遺産にもなっているコンクリートと鉄の複合構造の橋梁です。国の重要文

高千穂鉄道・吾味駅跡

高千穂鉄道・吾味駅跡

宮崎県西臼杵郡日之影町、高千穂鉄道高千穂線の駅跡が、吾味駅跡(ごみえきあと)。平成20年12月28日、平成17年の台風14号による被害のため、槇峰駅~高千穂駅間の廃線に伴い廃駅となったもの。吾味駅を起点に「TR鉄道跡地散策コース」が整備され

高千穂鉄道・西延岡駅跡

高千穂鉄道・西延岡駅跡

宮崎県延岡市松山町、高千穂鉄道高千穂線の駅跡が、西延岡駅跡(にしのべおかえきあと)。昭和10年2月20日、国有鉄道日ノ影線・延岡駅〜日向岡元駅間の開通で開業した駅。平成19年9月6日、平成17年の台風14号による被害のため、延岡駅〜槇峰駅間

日之影温泉駅

日之影温泉駅

宮崎県西臼杵郡日之影町、高千穂鉄道高千穂線の駅跡が、日之影温泉駅(ひのかげおんせんえき)。平成20年12月28日、平成17年の台風14号による被害のため、槇峰駅~高千穂駅間の廃線に伴い廃駅となっていますが、1階はレストランと物産館、2階は日

高千穂鉄道・綱ノ瀬橋梁

高千穂鉄道・綱ノ瀬橋梁

宮崎県延岡市椎畑・西臼杵郡日之影町七折梁崎、廃線となった高千穂鉄道の橋梁で、第三五ヶ瀬川橋梁とともに国の重要文化財に指定、土木遺産に選定されるのが、綱ノ瀬橋梁(つなのせきょうりょう)。昭和12年、鉄道省によって日ノ影線が建設される際に架橋さ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ