大間崎

本州最北端の岬が大間崎(おおまざき)。津軽海峡を隔てて北海道、亀田半島の汐首岬(しおくびみさき/函館市)までは17.5kmしかないので晴れた日には恵山、函館山など北海道も指呼のうち。「ここ本州最北端の地」と記された碑が立つのでまずはここで記念撮影を。

北海道を眺めるここが本州の最北端

「まぐろ一本釣の町おおま」モニュメント

石川啄木歌碑

大間崎の「まぐろ一本釣の町おおま」モニュメント横の「大間崎レストハウス」では「本州最北端大間崎到着証明書」を販売(冬季は大間町観光協会で販売)。
また、「まぐろ一本釣の町おおま」モニュメント背後に建つ、大間産本マグロを販売する「大間観光土産センター」でも「本州最北端到着証明書」を販売。

大間は平成12年のNHK連続テレビ小説『私の青空』の舞台になった岬。
ドラマの主人公・北山なずな(田畑智子)の父・北山辰男(伊東四朗)は、大間一のマグロ漁師という設定で、大間崎周辺にロケ地が残されています。

津軽海峡に臨む大間崎は、外国の艦隊などの通行を監視するため要塞が築かれました。
ワシントン海軍軍縮条約で廃艦となった巡洋艦「伊吹」の30cmカノン砲2門は大間崎に設置され、大間崎砲台となりました。
さらに、大正13年には大間崎砲台が起工し、昭和2年に函館要塞司令部が津軽要塞司令部と改名され、津軽海峡を臨む地の要塞化が進みました。

大間崎の背後、北通り総合文化センター・ウイング周辺がその大間崎砲台のあった場所です。

本州最北端の地碑

本州四端踏破ラリー実施中

ちなみに本州最東端は、魹ヶ崎(岩手県宮古市)、本州最南端は潮岬(クレ崎/和歌山県串本町)、そして本州最西端は毘沙ノ鼻(山口県下関市)で、岩手県宮古市、山口県下関市、和歌山県串本町、青森県大間町で構成する本州四端協議会が、地域活性化のために『本州四端踏破ラリー』を実施しています。

毘沙ノ鼻

2017.07.18

魹ヶ埼灯台

2017.07.13

クレ崎

2017.06.18
 

大間崎 DATA

名称 大間崎/おおまざき
所在地 青森県下北郡大間町大間
関連HP http://oma-wide.net/
電車・バスで JR下北駅から下北交通バス大畑行きで42分、終点下車、下北交通バス佐井車庫行きに乗り換えて58分、大間崎下車
ドライブで 東北自動車道青森ICから約179km(3時間15分)
駐車場 60台(町営駐車場)/無料
問い合わせ 大間町観光協会TEL:0175-37-2233/FAX:0175-37-2234

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ