竹久夢二伊香保記念館

竹久夢二伊香保記念館

群馬県渋川市、伊香保温泉にあるのが竹久夢二伊香保記念館(たけひさゆめじいかほきねんかん)。独特の美人画で一世を風靡した竹久夢二は、大正8年に初めて伊香保を訪れて以来、何度も再訪し、榛名湖畔にアトリエを建て、伊香保をモチーフに作品を描いています。大正ロマンの森と名付けられら森に建つ美術館です。

大正ロマンの森のなかに趣ある建物が点在

竹久夢二伊香保記念館では榛名山(はるなさん)を描いた屏風絵『青山河』や『榛名山賦』をはじめ、原画や挿絵、スケッチ、書簡など3000点以上を収蔵、展示しており、企画展も随時開催。

本館は大正ロマンの館(様々な企画展を開催)、夢二黒船館(夢二ホールでは大正時代のピアノやアンティークオルゴールを演奏)。夢二黒船館3階にある喫茶室「港屋サロン」では大正ロマンに浸りながらオリジナル珈琲などで一息つくことができます。
夢二黒船館1階にはミュージアムショップも併設。

新館の夢二美術研究所日本昔硝子館「義山楼」(ぎやまんろう)は日本唯一の日本建築の美術館(設計当初から美術館として建築されたものとして)。
1階は明治・大正ガラスを展示し、2階は江戸のガラスで予約制(4名以上)で公開。

竹久夢二伊香保記念館
名称 竹久夢二伊香保記念館/たけひさゆめじいかほきねんかん
所在地 群馬県渋川市伊香保町544-119
関連HP 竹久夢二伊香保記念館公式ホームページ
電車・バスで JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで21分、見晴下下車、徒歩2分
ドライブで 関越自動車道渋川伊香保ICから約10km
駐車場 150台/無料
問い合わせ 竹久夢二伊香保記念館 TEL:0279-72-4788/FAX:0279-72-5120
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
徳冨蘆花記念文学館

徳冨蘆花記念文学館

群馬県渋川市の伊香保温泉にある徳冨蘆花の記念館が徳冨蘆花記念文学館。徳冨蘆花が著した小説『不如帰』(ほととぎす/明治31年〜明治32年、『国民新聞』連載)が大ベストセラーとなり、伊香保ブームが到来、多くの文人が訪れるように。その徳冨蘆花終焉

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ