響灘風力発電施設

響灘風力発電施設

北九州市若松区響町2丁目の響灘北緑地に設置された10基の風車群が響灘風力発電施設。「世界の環境首都」を目ざす北九州市のシンボル的な風力発電施設で、2003年の運転開始で開設当初は西日本最大の風力発電所でした。

北九州次世代エネルギーパークのひとつ

響灘風力発電施設

高さ65mの柱に長さ35mの羽根を3枚取り付けたドイツ、GEウインドエナジー製1500kWの風車が10基が250m間隔で並んでいます。
響灘(玄界灘)から吹き寄せる風を受け発電量は1万世帯分の年間電力消費分に匹敵するとのこと。

北九州市の北部、若松区響灘地区には、バイオマスエネルギー、蒸気熱利用、廃棄物による発電利用など多種多様なエネルギー施設が集積し、「北九州次世代エネルギーパーク」と呼ばれています。
そのビジターセンターとして「北九州市エコタウンセンター」も開設。
 

響灘風力発電施設 DATA

名称 響灘風力発電施設/ひびきなだふうりょくはつでんしせつ
所在地 福岡県北九州市若松区響町2丁目
関連HP 北九州市公式ホームページ
電車・バスで 市営バスエコタウンセンター前下車、徒歩20分
ドライブで 北九州都市高速若戸大橋口ランプから約7.3km
駐車場 白島展示館駐車場・響灘北緑地駐車場/無料
問い合わせ 北九州市エコタウンセンター TEL:093-752-2881
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ