筥崎宮・一の鳥居

筥崎宮・一の鳥居

宇佐神宮(大分県宇佐市)、石清水八幡宮(京都府八幡市)と並び、日本三大八幡宮に数えられる筥崎宮(はこざきぐう/福岡県福岡市)。筥崎宮の一の鳥居(石鳥居)は、最も多い明神鳥居の一変形で、刻銘から慶長14年(1609年)、福岡藩主・黒田長政による建立であることが明確で、国の重要文化財に指定されています。

黒田長政奉納の石鳥居は国の重要文化財

筥崎宮・一の鳥居

鳥居に使われる石材は、伊万里湾口の肥前鷹島(現・長崎県松浦市)産の阿翁石(あおういし=鷹島北部の阿翁地区産の玄武岩で粘着力に富んでいるため、加工に最適で風化作用にも耐える特徴が)。
弘安の役(1281年)の際、肥前鷹島に集結した元軍の軍船は大暴風雨(「神風」)で沈没、黒田長政は石材調達にあたり、そういった「元寇殲滅の地」という縁起を担いだのかもしれません。
柱に「慶長第十四太歳舎己酉季秋中旬」、「豊臣黒田筑前守長政建立」の刻銘があります。
上部の笠木と島木が形式化し、ひとつの石材で造られ、通貫(とおしぬき)と笠木の長さが同じという異色の鳥居で、「筥崎鳥居」と呼ばれています。

筥崎宮では、本殿に近い鳥居が一の鳥居。
海岸にも浜の鳥居が立っています。
国道3号沿いにも巨大な鉄筋コンクリート製の二の鳥居がありましたが(昭和5年、県議会議長・林田春次郎が寄進)、熊本地震などの被害で、撤去されています。
現在、大鳥居を再建するには5億円ほど必要ということで、二之鳥居の再建は予定されていません。

画像協力/福岡市

名称 筥崎宮・一の鳥居/はこざきぐう・いちのとりい
所在地 福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
関連HP 筥崎宮公式ホームページ
電車・バスで 福岡市営地下鉄箱崎宮前駅から徒歩3分
ドライブで 福岡都市高速東浜ランプから約1km
駐車場 200台/有料
問い合わせ 筥崎宮社務所 TEL:092-641-7431
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
筥崎宮

筥崎宮

宇佐神宮、石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮のひとつに数えられる福岡市に鎮座する古社が筥崎宮(はこざきぐう)。平安時代初期の延喜21年(921年)、醍醐天皇が神託により大陸・玄海灘に面した地に、国家鎮護のため壮麗な社殿を建立。延長元年(92

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ