筥崎宮

筥崎宮

宇佐八幡宮、石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮のひとつに数えられる福岡市に鎮座する古社が筥崎宮(はこざきぐう)。平安時代初期の延喜21年(921年)、醍醐天皇が神託により大陸・玄海灘に面した地に、国家鎮護のため壮麗な社殿を建立。延長元年(923年)に現社地に遷座しています。延喜式神名帳にも名神大社と記載され、筑前国一之宮になっています。

日本三大八幡宮の一つで歴史と伝説の宝庫

筥崎(箱崎)という名前は応神天皇が生まれたときの胞衣(なえ)を箱に入れてこの地埋めたことから付いた地名。
収めた印に植えられた松が神木の筺松と伝えられています。

祭神には筑紫国蚊田(かだ・現在の福岡県宇美町)で生まれた応神天皇(おうじんてんのう)を主祭神に、神功皇后(じんぐうこうごう)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀っています。

元寇の際には亀山上皇(かめやまじょうこう)が「敵国降伏」を祈願していますが、文永11年(1274年)の文永の役で博多は火の海となり、この筥崎宮の社殿も焼失。
その時吹いた神風(暴風雨)により元・高麗連合軍を撃退したことから、厄除け・勝運にご利益大とされています。

中世には足利尊氏(あしかがたかうじ)、大内義隆(おおうちよしたか)、小早川隆景、豊臣秀吉などの武将が参詣し隆盛。
天正15年(1587年)、豊臣秀吉は九州平定後、筥崎宮に滞陣して「太閤町割」といわれる博多の町割りを行ない、黒田官兵衛らがそれを実行しています。

その時、秀吉が催した箱崎茶会に随行したのが千利休で、境内には千利休奉納と伝わる石灯籠(国の重要文化財)も残されています。
石灯籠には奉納時よりもかなり前の南北朝時代、観応元年(1350年)の銘が入っています。

本殿、拝殿、楼門、一の鳥居は国の重要文化財

筥崎宮

文禄3年、小早川隆景建立の楼門

現存する本殿、拝殿は天文15年(1546年)、大内義隆が再建したもので、国の重要文化財。

楼門は文禄3年(1594年)、筑前国領主・小早川隆景が建立、一の鳥居は慶長14年(1609年)、福岡藩初代藩主の黒田長政による建立で、ともに国の重要文化財。

1月3日の『玉取祭(玉せせり)』と9月12日〜18日の『放生会大祭』は福岡を代表する祭りとなっています。

筥崎宮から箱崎漁港に向かって参道が延びていますが、港湾化が進む以前には社前には美しい海と浜が広がっていました。
春分・秋分の日に一番近い「戊」(つちのえ)の日に行なわれる『社日祭』は、海岸の真砂をお潮井といい、これを「てぼ」といわれる竹かごに納めて持ち帰り玄関口に備える行事。
お潮井は除災招福に効果があるとされる砂ですが、社日祭のときに採取する砂はとくに効能が高いといわれています。

筥崎宮 DATA

名称 筥崎宮/はこざきぐう
所在地 福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
関連HP 筥崎宮公式ホームページ
電車・バスで 福岡市営地下鉄箱崎宮前駅から徒歩3分
ドライブで 福岡都市高速東浜ランプから約1km
駐車場 200台/有料
問い合わせ 筥崎宮社務所 TEL:092-641-7431
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ