筥崎宮・楼門

筥崎宮・楼門

福岡県福岡市東区にある筑前国一之宮が筥崎宮(はこざきぐう)。宇佐神宮(大分県宇佐市)、石清水八幡宮(京都府八幡市)と並び、日本三大八幡宮にも数えられる古社ですが、楼門は文禄3年(1594年)、名島城主・小早川隆景の建立で、国の重要文化財、そして日本三大楼門。扉の桐紋彫刻は左甚五郎の作と伝えられています。

元寇を伝える「敵國降伏」の扁額にも注目

筥崎宮は、元寇の際に亀山上皇が「敵国降伏」を祈願した地で、楼門の「敵國降伏」の扁額は、文永の役(1274年)後、社殿再建に尽くした亀山上皇によって奉納されたもので、醍醐天皇の宸筆(しんぴつ)を模写拡大したもの(現在の扁額は平成15年に復原作成)。
この額のために、この門は「伏敵門」とも呼ばれています。

入母屋造り、檜皮葺き(ひわだぶき)の楼門で、室町時代の様式を今に伝えています。

名称 筥崎宮・楼門/はこざきぐう・ろうもん
所在地 福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
関連HP 筥崎宮公式ホームページ
電車・バスで 福岡市営地下鉄箱崎宮前駅から徒歩3分
ドライブで 福岡都市高速東浜ランプから約1km
駐車場 200台/有料
問い合わせ 筥崎宮社務所 TEL:092-641-7431
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大楼門

日本三大楼門とは!?

寺社の入り口に建ち、2階建てで上部に屋根がある門が楼門(ろうもん)。日本三大楼門に数えられるのは、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)、筥崎宮(福岡県福岡市)、そして阿蘇神社(熊本県阿蘇市)の各楼門。共通するのは、いずれの神社も、歴史を有する一之宮だと

筥崎宮

筥崎宮

宇佐神宮、石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮のひとつに数えられる福岡市に鎮座する古社が筥崎宮(はこざきぐう)。平安時代初期の延喜21年(921年)、醍醐天皇が神託により大陸・玄海灘に面した地に、国家鎮護のため壮麗な社殿を建立。延長元年(92

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ