田子山富士塚(敷島神社)

田子山富士塚(敷島神社)

埼玉県志木市、敷島神社境内にあるのが田子山富士塚。富士講の信者が、古墳といわれた田子山塚の上に三十三尺(10m)の土を盛り、2年8カ月の歳月をかけ、明治5年6月に丸吉講により完成した富士塚です。現存する富士塚では最大級のもので、国の重要文化財に指定されています。

富士塚築造の背景には新河岸川舟運と引又宿の繁栄が

田子山富士塚(敷島神社)
山頂に鎮座する浅間神社奥宮

もともと富士山信仰の富士講は、日本古来の神道に、山岳宗教の修験道、さらに仏教が加わったもので、江戸時代には富士山頂に大日如来を祀る大日堂を建てるなど、仏教色が強いものでした。
明治初年の神仏分離、廃仏毀釈で、富士講も浅間神社を祀る神社として生き残りをかけましたが、そんな激動の時代に築かれたのが田子山富士塚です。

築造の発起人は、後に富士講(丸吉講)の先達(せんだつ)となった高須庄吉(たかすしょうきち)で、夢告により、田子山塚で暦応3年(1340年)と記された十瀧房承海の逆修板碑を発見したことが築造のきっかけです(現在、浅間下社に祀られています)。

高さ8.7m、直径30mという富士塚の表面には黒ボクと呼ばれる富士山の溶岩を配し、富士山同様に合目石を配し、木之花咲耶姫(このはなさくやひめ)の胎内という御胎内も築いています。
頂には木花開耶姫命を祀る浅間神社奥宮が鎮座。
烏帽子岩、小御嶽神社など113の石碑が現存し、その数も目をみはるものがあります。

近くを流れる新河岸川(しんがしがわ)には、江戸時代に川越藩が築いた引又河岸(ひきまたかし/明治7年以降は志木河岸)があり、川越と江戸を結ぶ舟運で栄えました。
奥州街道(現・志木街道)と交差する要衝で、宿場も形成され、商家も建ち並び、こうした舟運の便利さ、引又河岸の舟運関係者など、繁栄を背景にした財力で富士塚が築かれたのだと推測できます(高須庄吉も醤油醸造業を営んだ商家)。
富士山の山麓から運んだ溶岩も、相模川、江戸湾を経て新河岸川という舟運を利用して運び込まれたのでしょう。

埼玉県内で国の重要文化財に指定される富士塚は、木曽呂の富士塚と2ヶ所だけ。
東京都を含めても、豊島長崎の富士塚、江古田の富士塚、下谷坂本の富士塚と合わせて5ヶ所だけという貴重な富士塚です。

田子山富士塚は、地元の田子山富士保存会が年数回の草刈りを行なうなど、維持管理に尽力し(30年以上立ち入り禁止になっていた富士塚を修築)、年間を通じて、「大安」、「友引」は原則として登拝が可能(「入山の心得」を読み、マナーを守って登拝を)。
その他、正月三が日、節分祭、2月23日(富士山の日)、6月30日(夏越の大祓)、7月第1土曜(山開き)、8月11日(山の日)、8月21日に近い週末(山仕舞い)、七五三などの日が特別入山日と定められています(詳しくは田子山富士保存会HP参照)。

田子山富士塚(敷島神社)
富士山麓の胎内めぐりを模した御胎内
田子山富士塚(敷島神社)
名称 田子山富士塚(敷島神社)/たごやまふじづか(しきしまじんじゃ)
所在地 埼玉県志木市本町2-9 敷島神社境内
関連HP 田子山富士塚公式ホームページ
電車・バスで 東武志木駅から徒歩20分
問い合わせ 田子山富士保存会事務局 TEL:048-471-0049
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
木曽呂の富士塚

木曽呂の富士塚

川口市の見沼通船堀東縁の東側に位置する大きな富士塚が木曽呂の富士塚(きぞろのふじづか)。東京周辺に4ヶ所ある国の史跡になった貴重な富士塚のひとつ。寛政12年(1800年)に富士講の一派である丸参講の信者である蓮見知重の発願で、見沼代用水東縁

江古田の富士塚

江古田の富士塚

東京都練馬区小竹町、江古田浅間神社(茅原浅間神社)の境内に築かれている高さ8m、直径30mの富士塚が江古田の富士塚。江戸時代後期の天保10年(1839年)、下練馬村、中新井村、中村の富士講の講中で構成される小竹丸祓講(こたけまるはらいこう)

下谷坂本の富士塚(小野照崎神社)

下谷坂本の富士塚(小野照崎神社)

東京都台東区下谷2丁目の小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)の境内に築かれているのが下谷坂本の富士塚。下谷坂本富士とも通称される富士講の築いた高さ5m、直径16mの富士塚で、国の重要文化財に指定される5ヶ所の富士塚のひとつです。入谷東講のシ

豊島長崎の富士塚(富士浅間神社)

豊島長崎の富士塚(富士浅間神社)

東京都豊島区高松2丁目、長崎神社の境外末社、富士浅間神社の境内にあるのが豊島長崎の富士塚。文久2年(1862年)に築造された高さ8m、直径21mという大規模な富士塚で、国の重要文化財に指定。塚の表面には富士山から運ばれた溶岩で覆われ、富士講

富士塚

富士講のシンボル富士塚 国の重要文化財に指定は 5基

富士山に登拝することを目的とした神仏習合(神道に修験道、仏教が融合)の富士講。江戸中期以降、江戸八百八講といわれるほど隆盛し、その結果、富士山を登拝する代用にと地元に築かれたのが富士塚(ミニ富士山)。築造年代、築造者が明らかなもの5基が国の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ