有子山城

有子山城

兵庫県豊岡市出石町、有子山(城山/標高321.3m)にある中世の山城の跡が、有子山城(ありこやまじょう)。天正2年(1574年)、但馬守護・山名祐豊(やまなすけとよ)が築いた城で、慶長9年(1604年)、小出吉英が近世城郭として山麓に出石城を築き、廃城になっています。出石城とともに続日本100名城に選定。

但馬守護・山名祐豊が築き、羽柴秀吉の攻城戦で落城

有子山城
山麓に出石城跡、山上に有子山城跡

山名氏は、室町幕府において四職家のひとつとして君臨し、当時の最大級の大名家。
南北朝時代には一族が但馬、因幡、丹波、美作など11ヶ国の守護職を兼帯して、「六分一殿」(ろくぶんのいちどの)といわれていました。
応仁の乱では、山名宗全(持豊)が西軍の総帥に。

なかでも但馬は、南北朝時代以来の山名氏の本拠で、戦国時代まで一貫して山名氏が守護職を務めています。

永禄12年(1569年)、織田信長の但馬侵攻で、山名氏歴代の居城とした此隅山城(このすみやまじょう/出石神社の北にある標高140mの此隅山)が羽柴秀吉軍の包囲を受けて落城。
天正2年(1574年)、但馬守護・山名祐豊(やまなすけとよ)は、此隅山城を諦めて、城下との比高が300mほどある有子山(城山)に移し、有子山城を築城。

山頂の台地に主郭(詰の城)を築き、山麓に平常時住まいする居館と但馬守護所を構えていました。
天正8年(1580年)、山名堯熙(やまなあきひろ=山名祐豊の三男)の治世に(隠居した山名祐豊が実権を握っていたとも)、織田信長の中国支配の命で但馬に侵攻した羽柴秀吉軍に囲まれ、落城。
山名堯熙は、因幡国(現・鳥取県)に逃れ、後に羽柴秀吉の配下になっています。

豊臣政権下では、播磨・但馬の2ヶ国を領有した羽柴秀長(はしばひでなが=豊臣秀吉の異父弟)が、姫路城とともに有子山城を居城に。

関ヶ原の合戦後の慶長9年(1604年)、出石藩主となった小出吉英(こいでよしひで)が山上の主郭などを破却し、山麓の館および郭部分を近世城郭の出石城へと改めています。

出石城は山麓側から三の丸、二の丸、本丸、稲荷丸が階段状に縄張りされていますが、最上部の稲荷丸(有子山稲荷神社が鎮座)から石段を上る道が、有子山城本丸へと通じる登城路です。
登城口の有子山稲荷神社から山頂までは1時間程度ですが、前半は尾根に沿った急な山道で、滑りやすい部分もあり、ハイキングシューズが必要。
熊が出没することもあるので、熊除けの鈴、さらに登山道にはロープが設置された場所もあるので、軍手などの持参が賢明です。
主郭(山頂部分)には野面積み(のづらづみ=自然石をそのまま積み上げた石垣)の石垣も現存し、主郭から東に続く千畳敷(東西120m、南北50m)は、但馬地域の城郭では最大の曲輪となっています。

稲荷丸にある有子山稲荷神社は、有子山城を築いた但馬守護・山名祐豊が、城の鎮守として京の伏見稲荷から分霊を勧請したもので、出石城構築の際、小出吉英が稲荷丸に遷座したもの。

山麓の出石城とセットで、出石城・有子山城というかたちで、続日本100名城に選定されるほか、山名氏城跡此隅山城跡・有子山城跡(やまなししろあとこのすみやまじょうあとありこやまじょうあと)というかたちで、国の史跡に。

有子山城
城山と呼ばれる有子山は、比高300mもある天然の要害
有子山城
名称 有子山城/ありこやまじょう
所在地 兵庫県豊岡市出石町伊木
関連HP 出石まちづくり公社公式ホームページ
電車・バスで JR豊岡駅から全但バス出石行きで30分、出石営業所下車
ドライブで 北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山ICから約10km
駐車場 西の丸市営駐車場(有料)、大手前駐車場(有料)
問い合わせ 但馬國出石観光協会 TEL:0796-52-4806
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
有子山稲荷神社

有子山稲荷神社

兵庫県豊岡市出石町、出石城(いずしじょう)の稲荷丸(稲荷曲輪)にある神社が、有子山稲荷神社(ありこやまいなりじんじゃ)。慶長9年(1604年)、出石藩の藩主となった小出吉英は、山上にあった有子山城を廃城にして、山麓に出石城を築き、出石藩の藩

出石城

出石城

兵庫県豊岡市出石町、辰鼓楼(しんころう)そびえる城下町を見下ろす有子山城山麓に築かれた近世の平山城が、出石城。慶長9年(1604年)、出石藩の藩主となった小出吉英は、山上にあった有子山城を廃城にして、山麓に出石城を築き、出石藩の藩庁に。出石

辰鼓楼

辰鼓楼

兵庫県豊岡市出石町、出石城の城下町で、「出石城下三千軒」と呼ばれた町並み(豊岡市出石伝統的建造物群保存地区)のシンボル的存在が、辰鼓楼(しんころう)。明治4年に太鼓を鳴らし時を告げる太鼓櫓として築かれたもので、現存する最古級の時計台です。出

兵庫県九大名城

兵庫県九大名城とは!?

兵庫県は日本一名城の多い県で、世界遺産の姫路城(姫路市)を筆頭に、竹田城(朝来市)、篠山城(篠山市)、明石城(明石市)、赤穂城(赤穂市)が日本100名城、出石城・有子山城(豊岡市)、黒井城(丹波市)、洲本城(洲本市)が続日本100名城で、以

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ