岡倉天心の墓

岡倉天心の墓

岡倉天心は、大正2年9月2日、新潟県赤倉温泉の自身の山荘で没(慢性腎炎に尿毒症を併発)。享年50。岡倉天心の墓は、東京・染井霊園にありますが、岡倉天心が戸籍を移すほどに愛した五浦海岸(現・茨城県北茨城市)の岡倉天心旧宅・庭園に近い丘の斜面にも墓が造られています。

染井霊園から五浦に分骨された岡倉天心の墓

「我逝かば花な手向けそ浜千鳥 呼びかう声を印にて落ち葉に深く埋めてよ 12万年明月の夜 弔い来ん人を松の影」という遺志により、染井霊園から大正12年に分骨されたもの。
周囲はまさに五浦の松の影。

天心晩年の10年間は、国内では「天心の都落ち」などと揶揄(やゆ)されていましたが”Asia is one”(「亜細亜は一なり」)の名文句で始まる『東洋の理想』(原題:The Ideals of the East)、『日本の覚醒』(原題:The Awakening of Japan)、『茶の本』(原題:The Book of Tea)の三部作により、海外での名声は高まっていました。

岡倉天心の墓 DATA

名称 岡倉天心の墓/おかくれてんしんのはか
所在地 茨城県北茨城市大津町五浦
関連HP 北茨城市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR常磐線大津港駅からタクシーで5分。市内循環バスで15分(平日のみ運行)
ドライブで 常磐自動車道北茨城IC、または、いわき勿来ICから約10km。
駐車場 市営五浦駐車場(30台/無料)
問い合わせ 北茨城市観光協会 TEL:0293-43-1111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

岡倉天心旧宅

2018.12.03

五浦海岸 六角堂

2018.12.03

岡倉天心記念公園(岡倉天心旧居跡)

2018.07.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ