不動院『大仏追善供養』|船橋市

不動院『大仏追善供養』

毎年2月28日10:00~、千葉県船橋市の不動院で『大仏追善供養』が行なわれます。供養が行なわれるのは石造釈迦如来坐像で、延享3年(1746年)8月1日の津波によって溺死した漁師ならびに漁場争いで入牢し死亡した漁民の供養のために建立されたもの。不動院周辺は寺の密集する寺町となっています。

文政8年から行なわれる恒例の行事

船橋の海は、江戸時代初期から中期にかけて幕府に魚介を献上する「御菜浦」とされた好漁場でした。
元禄16年(1703年)、大地震による海底地形の変化のため、幕府へ献上することは中止されましたが、その後、この漁場をめぐり近隣の漁師たちとの争いが多く、『大仏追善供養』は、文政7年(1824年)にこの漁場争いにより入牢し(船橋の漁師が、相手方の侍を殴打したため漁師総代3人が入牢)、漁師総代2名が死亡しています。
不動院の『大仏追善供養』は、この牢死した漁師総代2名と、延享3年(1746年)の津波により死亡した人々を供養するために、文政8年(1825年)から毎年同じ日に行なわれているものです。

供養の日には、大仏の顔や肩に漁協で用意した白米の飯を盛り上げるようにつけますが、牢内で食が乏しかったのを償うためといわれています。
このご飯を食べると無病息災の御利益があるとの言い伝えも。
 

不動院『大仏追善供養』|船橋市 DATA

不動院『大仏追善供養』|船橋市
開催日時 2月28日10:00~
関連HP 船橋市公式ホームページ
所在地 千葉県船橋市本町3-4-6
場所 不動院
電車・バスで JR船橋駅・京成船橋駅から徒歩10分
問い合わせ 船橋市教育委員会文化課 TEL:047-436-2898
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ