細久手宿庚申堂

細久手宿庚申堂

岐阜県瑞浪市日吉町、中山道(なかせんどう)・細久手宿の東口にある街道時代に旅人の休息所ともなった場所が細久手宿庚申堂(ほそくてしゅくこうしんどう)。境内には江戸時代初期の石仏・石塔群が残され、街道時代を偲ぶ貴重なスポットとなっています。

江戸時代初期の石仏・石塔群が現存

細久手宿庚申堂

細久手宿庚申堂は、寛政10年(1798年)の宿場大火で焼失後、享和2年(1802)年に宿場の厄除けとして再建されたもの。
庚申様は街道時代の民間信仰で、外からの災いを遮る神として信仰され、宿場の端に設置されています。
人の体内には、三尸(さんし)と呼ばれる虫がいて、60日に1回やってくる庚申の日(かのえさるのひ)の夜、人が眠ると、この虫が体内から抜け出し、その人の行状を天帝に知らせに行くといわれ、長生きしたければ庚申の日に眠ってはいけないという信仰が流布しました。
そのため、江戸時代には、村の中に庚申講ができ、庚申の日には、講中の家々を順番に「お宿」(集会所)にして夜を明かしたのです。
明治維新後、科学や医学の進歩で、次第に衰えていき、街道沿いの庚申塔や庚申堂に、往時隆盛した信仰の名残をとどめています。

細久手宿の高札場近く、大湫宿(おおくてしゅく)寄りの高台に位置し、庚申堂から宿内が一望にできることもあって、「細久手宿のこうしんさま」と旅人に親しまれたのだとか。

細久手宿庚申堂
名称 細久手宿庚申堂/ほそくてしゅくこうしんどう
所在地 岐阜県瑞浪市日吉町
関連HP 瑞浪市観光協会公式ホームページ
ドライブで 中央自動車道瑞浪ICから約10km
駐車場 細久手公民館前駐車場を利用
問い合わせ 瑞浪市観光協会 TEL.0572-67-2222
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
細久手宿

細久手宿

岐阜県瑞浪市(みずなみし)、中山道(なかせんどう)、江戸から数えて48番目の宿場町が細久手宿(ほそくてじゅく)。峠越えが続く大湫宿(おおくてじゅく)から御嵩宿(みたけじゅく)まで4里30町もあったために慶長15年(1610年)に新設された宿

細久手宿・大黒屋

細久手宿・大黒屋

岐阜県瑞浪市、中山道(なかせんどう)美濃十六宿のひとつ細久手宿。本陣が現存しない細久手宿で当時の面影を残すのが、旅籠(はたご)時代の建物をそのまま利用して今も料理旅館を営む大黒屋。尾州藩指定の本陣として街道時代には大いに栄えたという昔ながら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ