GWには南房総でダイヤモンド富士を眺めよう!

富士山頂から太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に、ダイヤモンドがキラキラ輝くようなシーンとなることがあります。これがダイヤモンド富士。富士山が見える地域なら、どこからでもダイヤモンド富士が見られるというわけではありません。
「富士山が東か西の方向に見える場所」というのが大前提で、条件が合えば年に2度、ダイヤモンド富士の絶景を得ることができます。

GWは房総でダイヤモンド富士を

ゴールデンウイークにはちょうど南房総で「日没時」にダイヤモンド富士を仰ぐことができます。
工場も長期にお休みなので、実は正月、ゴールデンウイーク、お盆休みは空気が澄んで絶好の「ダイヤモンド富士日和」となるのです。

ドンピシャスポットは以下の通りです。
岩井海岸(南​房​総​市​久​枝・高崎)=4月29日~4月30日
原岡海岸(南房総市富浦町)=5月6日~5月7日前後
大房岬(南房総市富浦町) =5月8日前後

同じ南房総でも館山市は城山公園が5月16日~5月17日頃、北条海岸が5月13日~5月14日頃と少しズレてしまいます。
三浦半島では鎌倉市が4月上旬、横須賀市が4月中旬頃で残念ながらゴールデンウィークには重なりません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ