第22回八幡堀まつり|近江八幡市|2019

八幡堀まつり

2019年10月12日(土)18:00~21:00、滋賀県近江八幡市で『第22回八幡堀まつり~町並みと灯り~』を開催。『鬼平犯科帳』のエンディングなどで知られる八幡堀ですが、その夜の光景は近江八幡市民でさえあまり知らないのだとか。町並みや八幡堀に竹灯りを3500本設置し、風情と情緒を醸し出し、夜の八幡堀をPR。

「はちまんドルの夜景」も楽しめます


あわせて八幡教育会館(旧伴家住宅)、かわらミュージアム、奥村家住宅、野間清六邸などの各施設では夜間の特別開館・邸宅公開が行なわれるほか、スタンプラリーなども実施。
八幡山ロープウェーの夜間営業も行なわれ、八幡山山頂からは「近江八幡の夜景」(はちまんドルの夜景)を楽しむことができます。

豊臣秀吉・秀次が開いた近江八幡と八幡堀

紀州攻め、四国征伐で功績のあった豊臣秀次(秀吉の甥)は、八幡山城を居城としますが、豊臣秀吉が安土城に替わる近江国の国城として建築したもの。
秀吉自身が普請の指揮し、山上の城郭と麓にある居館、そして安土城から移設した城下町の造営を行なっています。
つまり、天正13年閏8月22日(1585年10月15日)、は、近江八幡開町の日なのです。
八幡堀は琵琶湖の水運を利用した物資の運搬用に開削。
舟運を迎え入れ、楽市楽座制とともに城下町に繁栄をもたらしました。
長さ6kmに及ぶ八幡掘は八幡城の廃城後も明治・大正時代まで商工業の動脈として活躍していました。

第22回八幡堀まつり|近江八幡市|2019
開催日時 2019年10月12日(土)18:00~21:00
所在地 滋賀県近江八幡市大杉町
場所 八幡堀
関連HP 近江八幡観光物産協会公式ホームページ
電車・バスで JR琵琶湖線近江八幡駅からバスで7分、大杉町下車
ドライブで 名神高速道路八日市ICから約14.8km
駐車場 市営多賀駐車場(57台/有料)
問い合わせ 近江八幡駅北口観光案内所 TEL:0748-33-6061/FAX:0748-32-4125
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
八幡堀

八幡堀

滋賀県近江八幡市の市街地北側にある北の庄沢(黒橋川)から八幡山を囲むように流れ、琵琶湖に注ぐ、全長4.75kmの運河が八幡堀(はちまんぼり)。豊臣秀次(豊臣秀吉の甥)の居城・八幡城の堀として開削されたもので、当時は八幡浦と呼ばれ琵琶湖水運の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ