萩・万灯会 迎え火(大照院)|萩市

萩・万灯会 (迎え火)

毎年8月13日19:30~22:00 、山口県萩市の大照院で『萩・万灯会(迎え火)』が行なわれます。萩の夏の風物詩『萩・万灯会』は、萩藩主毛利家菩提寺の大照院と東光寺が舞台で、8月13日の「迎え火」は大照院、8月15日の「送り火」が東光寺で行なわれます。600基を超える石灯籠にロウソクがの炎がゆらめき、幻想的。

605基の石灯籠にロウソクがゆらめく!

大照院は、萩藩初代藩主・毛利秀就(もうり ひでなり)、2代から12代の偶数代藩主夫妻が祀られています(毛利秀就の法号が大照院)。
つまりは、初代藩主・秀就、2代藩主・綱広、4代藩主・吉広、6代藩主・宗広、8代藩主・治親、10代藩主・斉熙、12代藩主・斉広の7藩主が眠っているのです。
国指定史跡である墓所には、藩士らが寄進した605基の石灯籠が整然と並んでいます。
墓所内の墓の数は52基で、藩主の墓7基を除いた45基は、藩主室(奥方)、一族、殉死者などのもの。
藩主墓の参道にはそれぞれ鳥居(計7基)が建っているので、すぐ分かる仕組み。

3代藩主・毛利吉就(もうり よしなり)が、元禄3年(1690年)に黄檗宗の寺・東光寺を創建して以来、歴代藩主は大照院との両菩提寺に交互に葬られることとなったのです。

20:00〜墓所にて墓前供養祭が行なわれます。
会場ではロウソクも販売。
また、書院に呈茶席(有料)を用意。

萩・万灯会 迎え火(大照院)|萩市
開催日時 毎年8月13日19:30~22:00
所在地 山口県萩市椿青海4132
場所 大照院
関連HP 萩市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 萩循環まぁーるバスで大照院入口下車、徒歩3分
ドライブで 中国自動車道山口ICから約42km
駐車場 周辺に臨時駐車場
問い合わせ 萩市観光協会 TEL:0838-25-1750
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
萩・万灯会 送り火(東光寺)

萩・万灯会 送り火(東光寺)|萩市

毎年8月15日19:30~22:00 、山口県萩市の東光寺で『萩・万灯会(送り火)』が行なわれます。萩の夏の風物詩『萩・万灯会』は、萩藩主毛利家菩提寺の東光寺と大照院が舞台で、8月13日の「迎え火」は大照院、8月15日の「送り火」が東光寺で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ