観光船の発着する尾岱沼に「公衆浴場浜の湯」が!

公衆浴場浜の湯

野付半島・トドワラへの観光船が発着する北海道別海町にある尾岱沼(おだいとう)の港。その一画に温泉が湧き、さらに公衆浴場があることを知る旅人はそう多くはありません。かつてライダーが北海道を席巻した時代には人気だった地の一つが尾岱沼で、そこに2つの源泉を有する公共浴場が! 立ち寄る価値が大のツルツル、ホカホカ温泉なのです。

観光船の発着する尾岱沼に公衆浴場が

そんな尾岱沼にある「公衆浴場浜の湯」。
おすすめの理由は、2つの泉質(アルカリ性単純温泉=pH:8.1・ナトリウム塩化物泉=pH:7.8)と露天風呂。
実は露天風呂側には国道が走っているのですが、国道をドライブしている時には、まったく素敵な風呂に気がつきません。
まあ、見えないわけですね。
逆にいえば、だからあまり知られていないということにも。

公衆浴場浜の湯

きっかけは昭和57年に敷地内で水井戸を掘削したところ地下300mから約28の温泉が湧出。
翌年再度温泉の開発を行い地下980mから高温の温泉が湧出。
「公衆浴場浜の湯」開設となった次第。

内湯の方は、アルカリ性単純温泉とナトリウム塩化物泉のブレンド温泉。
露天風呂の小さい湯船の方のみアルカリ性単純温泉が掛け流しになっています。

あたたまる湯とツルツル温泉のブレンド。
ドライブ途中の立ち寄りには絶好です。
しかも安い!

名称 浜の湯/はまのゆ
所在地 北海道野付郡別海町尾岱沼港町235-5
関連HP 別海町観光協会公式ホームページ
ドライブで 中標津空港から約30km
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:0153-86-2600
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

浜の湯

尾岱沼港を走る国道244号近くにある民営の立ち寄り湯。国道の一本内側にあるため通り過ぎてしまう人も多いのですが、温泉好きなら見逃せない存在。ナトリウム-塩化物泉とアルカリ性単純温泉の2つの源泉を所有し、内風呂、露天風呂ともに泉質別に湯船を分

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ